アニメ学部新聞第7号♪「多くの人の心に残る作品」をテーマにしたオリジナルアニメが遂に完成!

2020.3.26

在学生プレゼンツ!!
「おてんば少女のあやまちで休みがなくなったクリエイター達は新たな時代を作るそうですよ?」

Presentation

『2019年度学院
オリジナルアニメ作品完成!!!』

【アルトルペ】

ともに協力し合える仲間がいるこのすばらしさを伝えたい。を作品テーマに掲げ、この1年間、アニメ学部4学科の2年生は制作に取り組んできました。

作品の根幹である企画書には、
最初は誰もが「ひよっこ」であり、この企画に携わる学生はこれが初めての本格的な共同制作になる。アニメ 業界へ飛び込む前の、まさに「ひよっこ」としてのスタート地点がここである。 「ひよっこ」なりに、もがき、苦しみ、知恵を絞り、みんなで協力し1つの作品を作り、卒業後にふと思い返 したとき、過去と現在の自分自身の成長を感じることのできる原点となるような作品をつくりたい。

そんな彼ら彼女たちは、この3月3日に学院を巣立ち、プロとして作品を創る場所へ羽ばたいていきました。各就職先で経験を積み、アニメ学部の卒業生たちが、「多くの人の心に残る作品」を創ってくれることを講師一同楽しみにしています。

【おてまち】ポスター

そして、次に続くのは、アニメ業界に興味のある皆さんです。
将来の「Future Star」をお待ちしています。

【監督&キャスト&音響スタッフ(一部)】
未来のFuture Stars


『アニメ学部・成果発表会終了!!
次回2021年2月開催!!』

学生たちの作品をお披露目する成果発表会

先月初旬に無事に終了いたしました。ご来場いただいた方、ありがとうございました♪

アニメ学部は、全科が集まり一つのアニメーション作品を作れる学科です。
成果発表会では、各学科独自の作品も作り、さらに自分たちが希望する就職先の作業工程を踏み、4学科で集まって1本のアニメーションを作りました。

春のオープンキャンパス2020でも作品を上映しています。
まだ観ていないよ~という方!!ご来場お待ちしております♪

アニメ学部在校生トピックス

STUDENT TOPICS

「真実(マコト)の新シリーズ」
真実(マコト)の先生とお話ししたいんじゃ!!3回目!!

担当:真実(マコト)

それでは今回は前回の続きの合唱についてと学生時代を振り返ってです!

真実「では、合唱の方はどうだったのですか?」

先生「僕は男声合唱という男子10人4パートで歌う合唱をしてました。そこで僕はソロパートを担当したんですけど、ホールで200〜300人くらいのお客さんの前で歌ったのがとても緊張しましたね(笑)練習の時も伴奏やアカペラのアレンジをしたときも僕が担当してましたね。」

真実「なるほど、ずっと先生は何かやるときの中心となっていたんですね。では、学生時代を振り返って、自分ってこんなやつだったなというのはありますか?(笑)」

先生「結構極端なやつでしたね(笑)学校の登下校はケータイでひたすら曲を作ったり、次の日に体育があれば前日は早く寝る、無いなら遅くまで起きてる、みたいな(笑)高校は進学校に進んでいたのですが、音楽しかやってなかったので成績悪かったです(笑)でも受験前とかになったらとても勉強しましたけどね。中学三年生が人生で一番体力があり、高校三年生が人生で一番頭がよかったと思います。」

真実「確かに極端という言葉があってますね(笑)聞いていると悩みとかそういうのが無さそうですね。」

先生「悩みといえば高校の頭に仮入部しに行ったバレー部をやめるにはどうしたらいいかくらいですね。これは結構悩みましたが、他には特に無く、自由気ままに生活してました(笑)
あとショックだったのが進学校に進んだので中学に比べて勉学の順位が下がったことですかね。」

真実「進学校は頭のいい人たちが来ますから仕方ないですね(笑)」

では今回はここまで!次回は最終回の先生からのメッセージです。最後はとても真面目にまとめたのでぜひ読んでいただきたいです!

虹原先生/授業の様子


教室移転!?

新学期を迎えるにあたり、教室の整備が始まりました。4月から新しい環境でスタートです。
整備には各科の学生さんたちもお手伝い。ありがとう~♪

片付けあるある!! 

面白い物があると遊んじゃうよね~。
…でもなんでこんなものが(・・?


在学中からプロとお仕事

東京校のアニメ音響科にはよく外部からの依頼でナレーションの収録や制作のお仕事が入ってきます。
その中でも学院から外に出て実際の現場に行き手伝いをする仕事もあります。

この場合、普段授業で慣れ親しんだ機材ではなく「現場で使われている機材」を使う事になる為、知識や技術の応用が必要になります。現場に行くと基本の重要性が身に染みて分かってきます。

今回は舞台音響のお手伝い!!リアルタイムで物語が進み、音キッカケで演技が進む場面もあるでしょう!学んだ知識を存分に発揮して舞台を成功させてくださいね♪

先日、「世界一受けたい授業」で放送された【声優】のお仕事を紹介する中で登場していたアフレコブースは当学院のアニメ音響科の収録スタジオでした!!放送されていたアニメのシーンの収録もアニメ音響科の学生が行いました。

在学中からプロの方と触れる機会がたくさんあります。


アニメーター科2年生の日課

広島校アニメーター科2年生の日課になっているのがコチラ!『15分クロッキー』です!
クラスメイトが交代でモデルになって、クロッキーを行っています。画力向上、作画スピードUP、ポートフォリオ用にと一石三鳥の練習です!


遠いけどクラスメイト

福岡校は金沢校のアニメ―ター科と毎日一緒に授業を受けています!
これも超ハイクオリティな中継システムであるテレプレのおかげ!!土地が違えば考え方も違い、発想の違うアニメーションを互いにぶつけ合って切磋琢磨しています!!

さあ挑戦してみよう!
体験入学参加でプロが添削します!

編集後記

講師になってもミーハーなオタク心を忘れません!
アニメを見ていると卒業生の名前とエンドテロップでしょっちゅう出会います、とっても嬉しい事なんです。

そして見逃していた過去作品を見ていると自分の名前を見つけたりもします、担当したところを見るまで…記憶から消えてますw

今年卒業した子たちもエンドテロップに載るのを楽しみしています!!

戻る

TOP