アニメ監督・演出科

教室の枠におさまらない発想力と行動力で
アニメ業界の未来を支える人材に育つ!

アニメ監督・演出に必要な、2つの資質を手に入れる!
必要なのは、時代の先をいくセンスとチームをまとめ上げるリーダーシップです。

目指す職種

アニメ監督、アニメ演出家、アニメ編集スタッフ、アニメシナリオライター、アニメ制作プロデューサー、アニメ制作進行スタッフ、アニメ撮影・仕上げスタッフ など

アニメ監督・演出科のWEB体験入学!

動画でアニメ監督・演出科の授業を体感しよう!

代アニのアニメ監督・演出科

ほかの学校とは違う!代アニのアニメ監督・演出科をご紹介
  1. 独自のカリキュラムとグループ作業で、チームでの作品づくりのスキルが身につく
  2. 1年目から映像制作を行い、映像づくりの楽しさを知ることができる
  3. 2年目からは他学科と協力してアニメ制作を実施。プロの現場さながらの作業で即戦力が身につく

アニメは決して一人の力でできるものではありません。アニメーターや背景、音響などのスタッフとチームを組み、一つの作品を創り上げます。アニメ監督・演出科では、絵の描き方からではなく映像の作り方からスタートしてアニメ制作のプロを育てています。1人からグループ作業まで楽しくアニメづくりを学べ、就職後、何年も仕事として続けるためのコツを身につけます。

授業内容(カリキュラム)

1年次

アニメ制作工程

アニメ制作工程

アニメ監督はその作品の全工程に目を行き届かす必要があります。まずはアニメーションのできあがる工程をしっかりと理解し、今後につなげます。

アニメ史

アニメ史

人はどのようにしてアニメーションを生み出したのか、過去の名作から近年の最新作までの歴史をたどり、業界への知識を深めます。

コマ撮り

コマ撮り

作品制作の第一歩として、写真を活用したコマ撮りア二メを作成します。アニメ制作の理解を深めるとともに企画や構図、ストーリー構成など演出的な部分も学んでいきます。

映像モンタージュ

映像モンタージュ

異なるシーンを組み合わせ映像に新たな意味合いを持たせることを「モンタージュ」といいます。演出の基礎的な理論で、映像制作に関わる以上は必要不可欠となるカリキュラムです。

アニメ作画基礎

アニメ作画基礎

クリンナップ、中割、タップ割などのアニメーターの基本的な作業を学ぶことで、技術的な習得とともにアニメーターの作業内容を体感し、理解を深めます。

アニメ撮影基礎

アニメ撮影基礎

After Effectsを使用したアニメ撮影を学びます。現在の撮影は、多くの特殊効果がつけられるため、プリプロダクションの段階から特殊効果を意識した画面作りができるようになります。

2年次

制作進行実務

制作進行実務

入社直後すぐに監督になれるわけではありません。まずは制作進行として、しっかりと立ち回れるように必要なノウハウを習得します。

卒業アニメ制作

卒業アニメ制作

2年間の集大成となるアニメ関連学科と共同で制作するアニメ制作実習です。アニメ監督科は全工程で各関連学科と関わります。本カリキュラムで、学生はさまざまな経験を通じ、大きく成長を遂げます。

企画書応用

企画書応用

アニメーションの制作は企画から始まります。「今、求められている作品は?」、「既存の枠に囚われない作品とは?」さまざまなアイデアを企画書へと落とし込みます。

シナリオ応用

シナリオ応用

作品の行方を決定づける重要な物語。これを具体的に書き起こすのがシナリオです。シナリオのルールにしたがい、正しいシナリオの書き方を理解します。

映像制作強化ゼミ

映像制作強化ゼミ

映像作家として活躍する専門のプロ講師が指導します。1人で作品をゼロから作り出すような個人クリエイターの道を切り開きます。

デッサン

デッサン

人体の描き方やパースのとらえ方などを学びます。2年間のデッサンを通じて、絵を描くことの理解と知識を習得していきます。

デジタルペイント応用

デジタルペイント応用

「仕上げ」と呼ばれるアニメーションの彩色作業を学びます。かつては「セル画」を使用していましたが、現在は100%デジタル作業のため、ソフトウェア上での作業を習得します。

年間イベント

学院祭

学院祭

学院祭では自主制作映画の上映や、絵コンテ作業の体験コーナーなど、広く一般の方にアニメーションの制作について知ってもらうために学生自らが実施します。

国際放送機器展見学会

国際放送機器展見学会

音響業界への就職を見据えて国内外のトップレベルの放送、映像、音響機器の国際展示会を見学します。各企業ブースで業界のニーズや必要な知識の情報を得たり様々なマイクやヘッドフォン、ミキサーなど機材に直に触れ、知識の強化をはかります。

学習環境

1.カリキュラム

授業を通じてアニメ制作の全工程を実体験するので、卒業後すぐに即戦力の制作進行や演出助手として活躍可能。その後、監督や演出、プロデューサーへのキャリアステップを最短距離で切り開くことができます。

2.環境

たくさんの映像や資料に囲まれた制作現場のような教室環境。アニメ制作に必要なものは何でもそろっている。

3.講師

有名スタジオ各社とパイプの強い元STUDIO 4℃の常勤講師。 また、大学でも指導するプロの映像作家が個人クリエイターとして活躍するための映像制作のノウハウをゼミ形式で教えます。 卒業生とのつながりが強く最新の業界情報がどこよりも正確に手に入ります。

アニメ監督を育てる講師たち

山尾 貴志

山尾 貴志アニメ監督・演出科

2001年代々木アニメーション学院大阪校アニメ監督演出科卒業
2001年1月有限会社スタジオ4℃入社
1月よりゲーム「エースコンバット4」アニメーションパート(片渕須直監督作品)の制作進行を担当
その後~2003年?劇場作品「MINDGAME」(湯浅正明監督作品)の制作デスクを担当
2005年7月より代々木アニメーション学院大阪校アニメ監督演出科講師に就任現在に至る

講師からのメッセージ

どの科よりもデビューの早いコースでもあります

山尾 貴志メッセージ

アニメ監督・演出科講師山尾 貴志

アニメ監督演出科はアニメ会社への就職だけでなく、忙しいアニメ制作の現場で数年後も活躍できる人材を育てています。
監督やプロデューサーは卒業後も経験や実績を積まないと成れないお仕事ですが、在学中に作品のエンディングテロップに名前が載る人も多く、どの科よりもデビューの早いコースでもあります。それは、学院で学んだことを足掛かりとして自分の目標に合ったアニメ会社への就職を果たしているからなのです。
卒業後の進路としては監督やプロデューサーだけでなく、編集や撮影や色彩設計など卒業後の進路は多岐にわたります。
でもどの役職を担当しても共通して言えることは全てのスタッフが力を合わせてよい作品を作るということ。
その為にはグループ作業でのコミュニケーション力が必須です。皆さんもアニメが好きな仲間達と楽しく作品を作ってみませんか?

アニメ監督・演出科の
卒業生実績

この方々はすべて代アニの卒業生です

岸誠二(監督作品:暗殺教室 人類は衰退しました ほか多数)
塩谷直義(監督作品:PSYCHO-PASS ほか多数)
今 千秋(監督作品:ひぐらしのなく頃に のだめカンタービレ巴里編 ほか多数)
宮本幸裕(監督作品:劇場版 魔法少女まどか☆マギカ ほか多数)
満仲 勧(監督作品:ハイキュー!! ほか多数)





アニメ業界に就職する方法

どうすればアニメ業界に就職できるのか?代アニへの入学から就職までの道を教えます!

アニメ監督・演出科
設置校