2.5次元演劇科

ファンを魅了する
個性と作品のキャラを活かす
芸能総合力を持つ俳優になる。

2.5次元業界をけん引するパートナー企業とともに
実践的なレッスンで2.5次元で活躍できる俳優を育てます。

目指す職種

2.5次元俳優、ミュージカル俳優、アクション俳優 など

2.5次元演劇とは

2.5次元演劇とは、簡単に言えば「漫画やゲームなどの2次元作品を舞台化したもの」。

原作のストーリーやキャラクターを掘り下げ、その世界を舞台上に再構築する2.5次元演劇は舞台とアニメが融合した、日本が世界に誇る新しいエンターテインメントフィールド。現在、若手俳優やクリエイターたちにとって、活動の幅を広げる憧れの場となっています。

代アニの2.5次元演劇科

2017年4月に新設された「2.5次元演劇科」は、
2.5次元業界の俳優を目指す人のための学科です。

日本初の声優養成学校「代々木アニメーション学院」の39年間の歴史と実績をベースに2.5次元演劇のプロフェッショナルによる指導や2.5次元演劇を手がける有名企業とコラボした人気作品の教材により実践的な知識や技術を身につけることができます。

代アニの2.5次元演劇科をご紹介

  1. 2.5次元業界をけん引する「ネルケプランニング」「マーベラス」「ぴえろ」が全面バックアップ
  2. ネルケプランニング松田誠会長が監修した日本初の2.5次元演劇専用カリキュラム
  3. 在学中の作品出演オーディションの機会はプロダクション所属者以上にある!

2.5次元業界をけん引する「ネルケプランニング」「マーベラス」「ぴえろ」のバックアップによる日本初の2.5次元演劇科カリキュラムです。2.5次元演劇俳優に必要なキャラクター分析、演技力、歌唱力、殺陣アクション、ダンスの基礎を身につけることができます。また、日々の授業にキャスティングマネージャーや業界関係者がスカウトに訪れるため、在学中にデビューすることも可能です。

授業内容(カリキュラム)

代アニでは基礎能力の底上げから、パートナー企業の協力と数々の自社施設を使用したミュージカルを公演し、即戦力として2.5次元作品へ出演できる俳優を育成する内容となっています。

1年次

ダンス

ダンス

作品やテーマをダンスで表現できるように、基礎から難易度の高い振付まで、広く身体表現を学びます。

感情解放

感情解放

喜怒哀楽から始めて、さまざまなキャラクターや役を演じるための繊細な感情の表し方、伝え方までの表現方法を学びます。

体幹トレーニング

体幹トレーニング

舞台で立ち回るための身体バランスの精度を上げ、作品キャラをより魅力的に表現できる身体能力を身につけます。

台本実習

台本実習

舞台台本を使用して、シーンや作品を創っていく事で、総合的な舞台知識や役者に必要な基礎を理解します。

キャラクター読解

キャラクター読解

2.5次元演劇の原作の再現のため、世界観や脚本を読解して作品に登場するキャラクターを正確につかめるようにします。

成果発表会(稽古)

成果発表会(稽古)

1年次の集大成として、演技はもちろん歌やダンスも取り入れた総合的な舞台を製作します。

2年次

ヴォーカルテクニック

ヴォーカルテクニック

個性や声質を活かした選曲・歌唱法・アーティキュレーション(明瞭さ)などを学び、舞台やLIVEで実力を発揮できるよう技術を向上させます。

殺陣アクション

殺陣アクション

2.5次元演劇で活躍できる殺陣アクションを習得することで、即戦力となる俳優になることを目指します。

舞台メイク

舞台メイク

ステージ上で表情の変化を分かりやすくするため、照明に映えるメイク方法を学びます。

ミュージカル実習

ミュージカル実習

2.5次元ミュージカル作品の抜粋シーンを使用して歌、ダンス、殺陣アクション等のある芝居を創り上げていきます。

着付け・所作

着付け・所作

舞台衣装となることが多い着物の着付けを習得し、また所作では衣装を活かした繊細な身体の動かし方を学びます。

舞台発表会(稽古)

舞台発表会(稽古)

1時間を超える長尺作品を、クラスメイト達と創り上げていき、創作過程や人に観てもらう大切さを感じることで、プロ意識を養います。

年間イベント

2.5次元ミュージカル出演者オーディション

2.5次元ミュージカル
出演者オーディション

銀河劇場やパートナー企業が制作・公演する2.5次元作品の出演者オーディションに、在学中から参加することができます。

舞台発表会

舞台発表会

2年生全員が参加して自分たちの習得技術を一般のお客様の前で披露するためのミュージカルを公演します。

学院祭

学院祭

アクション、歌、ダンスなどを盛り込んだ舞台公演、アクション体験コーナー、コスプレコンテストなど2.5次元の世界を楽しめます。

学習環境

1.カリキュラム

基本となるカリキュラムは、ネルケプランニング松田誠会長が監修し、ヴォーカルレッスンは、つんく♂プロデューサーが、殺陣アクションは、30-DELUXが手掛けています。代アニの2.5次元演劇科のカリキュラムは本物の俳優育成にこだわったカリキュラムです。

2.環境

実践さながらの舞台実習が受けられる照明・音響を完備した学院内ステージがあります。また、2.5次元ミュージカルの聖地「天王洲 銀河劇場」を施設に持ち、現場体験や2.5次元作品の出演オーディションに参加できます。

3.講師

清水順二(30-DELUX) 木本雄 岡村麻未 巌大介 など

今も現役で活躍する講師陣が直接指導。技術力、現場のリアルな声を聞きながら学び、技術を習得していくことができます。

業界を代表する3社が
バックアップ!

松田 誠 MAKOTO MATSUDA

松田 誠 MAKOTO MATSUDA

株式会社ネルケプランニング代表取締役会長
演劇プロデューサー

PROFILE
株式会社ネルケプランニング代表取締役会長。一般社団法人日本2.5次元ミュージカル協会代表理事。演劇プロデューサー。代表作はミュージカル『テニスの王子様』、劇団EXILE、『ロミオ&ジュリエット』、『ロックオペラ モーツァルト』、ミュージカル『黒執事』、ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」、LIVE・スペクタクル「NARUTO- ナルト-」、ミュージカル『刀剣乱舞』ほか。

ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」

ミュージカル
「美少女戦士セーラームーン」

© 武内直子・PNP/ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」製作委員会2016

ミュージカル『テニスの王子様』

ミュージカル『テニスの王子様』

© 許斐 剛/集英社・NAS・新テニスの王子様プロジェクト © 許斐 剛/集英社・テニミュ製作委員会 2.5次元演劇は国内の人気だけでなく、海外を視野に入れた大きな可能性を持ち続けています。

2.5次元演劇は国内の人気だけでなく、海外を視野に入れた大きな可能性を持ち続けています。海外公演のびっくりするくらいの盛り上がりは、日本のアニメやマンガが依然として海外で高い人気を誇っていることの表れだと思います。その舞台に立ちたい人のバックアップを、2.5次元演劇科をサポートする形で行うことになりました。いくら教室で学んだとしても、3回の本番に勝るものはない―現場至上主義の僕が何をしようとしているのかと言えば、チャンスに備えさせることです。また、実際に多くのチャンスを与えたいとも考えています。役者という道で始めに必要なのは、やる気です。やる気さえあれば勝負ができる。辛抱強くやる気を持ち続けていた人が、才能や容姿に恵まれた人に勝つところも僕は数々見てきました。容姿も知識も、経験がなくても問題はありません。何をおいても「やる気」だけは持って、門を叩いてほしいと思います。

中山 晴喜 HARUKI NAKAYAMA

中山 晴喜 HARUKI NAKAYAMA

株式会社マーベラス代表取締役会長兼社長CEO
エンターテインメントコンテンツ・プロデューサー

PROFILE
株式会社マーベラス代表取締役会長兼社長CEO。ミュージカル『テニスの王子様』、TV アニメ『東京喰種』など、数多くのエンターテインメントコンテンツのプロデュースを手掛けた。

超歌劇『幕末Rock』黒船来航

超歌劇『幕末Rock』黒船来航

© 2014 Marvelous Inc./幕末Rock製作委員会 © 2014 Marvelous Inc./超歌劇『幕末Rock』製作委員会

舞台『弱虫ペダル』

舞台『弱虫ペダル』

© 渡辺航(週刊少年チャンピオン)2008/「弱虫ペダル」GR製作委員会2014 © 渡辺航(週刊少年チャンピオン)/マーベラス、東宝、トムス・エンタテインメント

今までなら原作がアニメやゲームになってから舞台になるというパターンでしたが、例えば『弱虫ペダル』はいきなり舞台でした。その後にアニメになったことを考えると舞台の重要度や優先順位が上がってきたように思います。演劇全体の市場規模は1,150億円くらいあるんですが、2.5次元演劇が出てくるまではずっと1,000億円くらいでした。つまり上積みした部分は2.5次元が作り出した。良い「原作・役者・劇場」がそろえば、まだまだ伸ばせる余地はあると思います。2.5次元演劇科の生徒さんをバックアップする方法として、ビジネスとしての舞台の成り立ち方、実際にどんな役者が求められているのか、ということを教えることが1つ挙げられるでしょう。歌、踊り、演技という技術面だけを見ても全体のレベルは上がってきています。「これでやっていくんだ」というプロ意識を持ち、なるべく早く自分の強みを見つけて、そこを伸ばしていくことがポイントではないでしょうか。

本間 道幸 MICHIYUKI HONMA

本間 道幸 MICHIYUKI HONMA

株式会社ぴえろ代表取締役社長
企画営業プロデューサー

PROFILE
株式会社ぴえろ代表取締役社長。『うる星やつら』の制作進行、『星銃士ビスマルク』の制作デスクなどを経た後に、企画営業プロデューサーとして、『ヒカルの碁』、『NARUTO -ナルト- 疾風伝』などの大ヒット作を手掛ける。

ROCK MUSICAL BLEACH

ROCK MUSICAL BLEACH

© 久保帯人/集英社・RMBLEACH製作委員会2016

LIVE・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」

LIVE・スペクタクル
「NARUTO-ナルト-」

© 岸本斉史 スコット/集英社 © LIVE・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」製作委員会2016

2.5次元演劇の役者さんたちは、2.5の中の2.0に含まれる殺陣や台詞は研究し尽して、完全に理解している人が大半です。自分が演じるキャラクターに対する知識や理解が必要なのは当然ですが、そのうえで自分なりの幅を作れるかどうかが、残りの0.5。ここが資質です。その0.5の話、つまりキャラクターを演じるためにはどうしたらいいかというお話をしていけたらと思います。同時に、今のアニメ、実写、舞台のビジネスがどのような構造で作られているのか、興業や事業の仕組みを知ってもらう取り組みもしたいです。さらに、ぴえろが携わる演劇に出演できるようバックアップを考えています。代アニには銀河劇場があるので、生徒だけのビジネス公演もできます。お客さんにお金を払って公演を観てもらい、「役者は仕事」と在学中から意識することは、役者として生計を立てていく上で大切な経験だと思います。生徒の時から舞台に立てるという夢を抱いて来てもらいたいです。

俳優を育てる講師たち

30-DELUX

30-DELUX2.5次元演劇科特別講師

2003年に、『笑って、泣けて、考えさせられて、カッコいい』のテーマの元旗揚げ、本格的かつ圧倒的な迫力の殺陣を駆使したエンターテイメントが見どころの演劇ユニット。演劇界で飛躍的に動員を伸ばし、現在は、年間で2万人以上の観客動員を誇る。主に東京・大阪・名古屋・福岡の4都市を中心に、ロンドンやフランスでも公演し、評価を得ている。
2017年には結成15周年を迎え、大手ゲーム会社スクウェア・エニックスとタッグを組み、「サガ」シリーズの名作「ロマンシング サガ3」の初の舞台化を成功させている。

木本 雄

木本 雄2.5次元演劇科

15歳よりHIPHOPを中心にダンスを始める。他にもLOCK、JAZZを始め様々なダンスを学ぶ。18歳の時に進学の為上京。学生の間もダンスを学び続けBE BOP CREWのSETO氏を師事。独特なリズムとグルーブを学ぶ。これまでにLA、NY、シドニーと海外にも積極的に進出し自分のダンスの幅を広げ、自分のスタイルを追求している。ダンサーとして様々なイベント出演の他、アーティストのバックダンサーをするだけでなく、振り付け時には演出を行うなど活躍の幅を広げている。

岡村 麻未

岡村 麻未2.5次元演劇科

愛知県出身。幼少より愛知のバレエ団、合唱団に所属。名古屋芸術大学音楽学部声楽科卒業。卒業後一年間専門学校での講師経験を経て劇団四季に入団、退団後SUNBEAM所属。
ミュージカル、オペラなど、さまざまなジャンルの舞台やコンサートに出演。
主な出演作: 劇団四季「ジョン万次郎の夢」、松竹「ザ・オダサク」(錦織一清演出) ミュージカル「GIFT」「GIFTをあなたに」(里奈役)、ひとりミュージカル「うつくしい のはら」(西原理恵子原作 小学館刊)
その他多数

講師からのメッセージ

小劇場から大劇場まで、
舞台のデパート。

巖 大介メッセージ

2.5次元演劇科巖 大介

舞台では作品や小屋(劇場)の大きさによっても求められる事が変わってきます。お客さんが近ければ、小さな息遣いもシーンとした客席に波紋の様に拡がっていきますが、2000人の客席では一番後ろのお客さんには伝わりません。なので、身体も動かし大きめに動き息遣いを伝えていきます。楽しいダンスや歌は見てる人も思わず手を叩き、一緒になって歓喜する。そんな素敵な空間は見慣れた街の中には存在しない。一歩を踏み出そう!


主な作品[ 舞台 ]
『のれん一代』 明治座 /  『晶子曼陀羅』 帝国劇場 /  『鏡花幻想』 帝国劇場 /  『ウィンザーの陽気な女房たち』 さいたま彩の国劇場 /  『必殺仕事人』 明治座 /  『幽霊はここにいる』 紀伊國屋サザンシアター /  『奥様の冒険』 芸術座 /  『東京駅』 芸術座 /  『丘の上のイエッペ』 紀伊國屋ホール /  『大奥』 明治座 /  『1945』 世田谷パブリックシアター /  『ストーン夫人のローマの春』 PARCO劇場 『見知らぬ乗客』 東京グローブ座 『ブルー・ウォーター~20XX火星編~』 風姿花伝シアター 『ITI世界の秀作短篇研究シリーズドイツ篇』イワト劇場 『101回目のプロポーズ』博多座

2.5次元演劇科 設置校