代アニは「究極の好き」を目指せる。

好きなことを仕事にできる。

フィギュア科1年 三嶋 恵利香

「大学では、学んでいたものが仕事になるビジョンが浮かびませんでした」と語る三嶋さん。「究極の好き」を仕事にすべく、フィギュア作りに取り組んでいます。
代アニ入学までの経緯やフィギュアの魅力、将来のことなど幅広く語っていただきました。

Q.フィギュアに興味をもったのはいつですか?また、そのきっかけを教えてください。
高校生の時に、友人にフィギュアをもらったのがきっかけです。
それからフィギュアに興味を持ち、集め始めました。もともと、モノを作ったり、絵を描いたりすることが好きでしたし、マンガやゲーム、アニメも好きでした。
Q.代アニ入学までの経緯を教えてください。
大学に入り、卒業後の進路を考える時期に「自分の本当に自分がやりたいことはなんだろう?」って考えたんです。パッと浮かんだのがフィギュアでした。
フィギュアを仕事にしたいと思い、ネットで調べてみたんです。それで代アニを見つけて。他の学校と比べて代アニのカリキュラムは分かりやすいと感じました。まず説明会に行き、次に体験入学に行き、入学を決めました。
Q.フィギュアの面白いと感じるところを教えてください。
フィギュア制作は、平面のキャラクターを、立体に起こす作業が楽しいです。自分の好きなキャラクターが、実際に触れて手に取れるようになります。
特に、私は少しマイナーなキャラクターが好きで、自分の好きになるキャラクターは商品化されないことが多いんです。それだったら、自分で作りたいと思いました。
Q代アニの授業の内容を教えてください。
フィギュア作りは、代アニに入ってからはじめました。今は1年生で基礎の基礎から学んでいます。道具の使い方から、フィギュアを1から作る方法、塗装や仕上げの方法などフィギュア作りに関する様々なことが学べます。2年では、それぞれの工程を専門的に学ぶことができます。
Q.あなたの思う代アニの特徴を教えてください。
講師の方々とマンツーマンでやりとりすることができ、分からないことがあればすぐにアドバイスをもらえる点です。また、原型師として活躍されている先生方に指導していただけます。
Q.学校生活はいかがですか?
課題で忙しいです。授業時間内だけでは収まらず、授業外でも作業をしていてフィギュア漬けの毎日です。
校内に仲の良い友達もでき、一緒に制作をしたり、プライベートでもごはんを食べに行ったり、フィギュアのイベントなどに出かけたりと、楽しく過ごしています。
Q.印象的なエピソードがあれば教えてください。
代アニの学院祭でフリーマーケットに出展したときに、初めて自分の作った作品が売れたのは嬉しかったです。オリジナルのストラップを作りました。
Q.今後の展開や将来の夢についてお聞かせください。
当初は原型師を目指していたのですが、今は「フィニッシャー」という塗装専門の職種に興味があります。代アニの授業で塗る課題が単純に楽しかったのと、フィニッシャーの方はまだ業界に多くなく、お仕事に有利だと考えています。
卒業後は企業への就職を考えています。フィギュアを仕事にしていきたいです。フィギュアを買う人は増えていて、女性層も増えてきていると感じています。魅力のある業界だと思います。
Q.これから入学される方、フィギュア科を目指される方にアドバイスがあればお願いします。
大学でも好きなことは学べていたんです。それでも、学んでいたものを仕事にするビジョンは思い浮かびませんでした。好きなことは長続きすると思います。働くなら好きなことを仕事にしたい。代アニは「究極の好き」を目指せる場所です。
フィギュア科は、手を使ってものを作るのが好きな人にオススメです。個人的には、私のようにマイナーキャラ好きの方にも来ていただきたいです(笑)。お待ちしています!
インタビューTOPへもどる