バックダンサー!?Vチューバーが広報大使就任!?ドキドキ前期末テスト!?常にアクティブな代アニ生たちをご覧あれ☆

2020.10.14

天月さんのバックにて

【こんな在学デビューも可能!
バックダンサーとしてライブ出演だ!!】

ゲーム、アニメ、ナレーション、2.5次元舞台などの在学デビューのチャンスがある代アニ。
そしてさらに今回は今までに紹介してないジャンルでの在学デビューを紹介していきます!!

今回は~…バックダンサーとして人気アーティストのライブに出演しちゃいました!!

その在学生がバックダンサーとして参加した気になる人気アーティストは…
なんと「天月さん」「めろちんさん」!!

すごくない?

しかも今回は1年生も参加!!入学半年で在学デビュー!!!

浮かれる気持ちもあったと思うけど、みんなプロとして仕事をこなしてくれました!

事前練習中の在学生。

しっかり振り付けを予習して臨んでますね~!えらい!!

そして本番当日には衣装をもらって緊張…してます?

やたらいい笑顔。
でもでも!プロのリハーサルを目にした彼らは…

超・真・剣!!
みんないい顔してるなぁ~。

そして本番を終えて1枚!

みんな精一杯やり切ってくれました!
この笑顔が証拠ですね!!
いい経験ができてよかったよかった。

ちなみに終わってから「天月さんとめろちんさん大好き?テンション上がった?」って聞いたら、即座に「はい!!!!」と答えておりましたとさ。

てなわけで!今回ダンスの指導までしていただいためろちんさんですが!
代アニの体験入学に来てくれます!!要チェックです!!

「SDGs伝導師ノア」
マスコミ報道の嵐!?

Media Storm!?

代アニの在校生が声を務めるVチューバー「SDGs伝導師ノア」がこの度、警察とコラボし広報大使に就任することとなりました!
新型コロナウイルスの影響で例年と同じ広報の仕方が難しい中VチューバーとしてSNSを利用し交通安全などを呼びかけます。

今回はその任命式のイベントが東海テレビ、テレビ愛知などの地上波ニュースをはじめ朝日新聞、毎日新聞、Yahoo!ニュースなどのニュースサイトにも多数掲載されました!

みなさん、ぜひ今後のノアの活躍にご注目ください!!

日々のトレーニングの成果が
試される『前期末テスト!!』

Final Exam!!

代々木アニメーション学院にも定期テストがあります!!!
テストと聞くと、学校で行っているような筆記試験を想像する方も多いかと思いますが…
代アニのテストは全て実技!!!
エンタメ学部では、基本の腹式呼吸や発声、ナレーション、台詞、演技など様々な項目をチェックしていきます。

一夜漬けで何とかなるようなものは一つもありません。
日ごろの授業への取り組みや自宅でのトレーニングが露呈するので、学生たちはドキドキです!!
でも、夢に向かって好きなことを勉強しているだけあって、みんな楽しんでテストを受けていましたよ!!

今回は、感染症予防対策として、マスク着用でのテスト実施となりました。

始めてテストを受けた1年生に感想を聞いてみました。

Aさん『日頃やっていたことも、いざテストでやるとなると緊張して思ったようにできませんでした。実力不足を自覚して次回以降に向けてより頑張っていきます。』
Bさん『今回のテストでまだまだ基礎ができてないことがわかったので次に向けて頑張ろうと思いました。』
Cさん『自己PRのテストで緊張で内容が飛んでしまったり、焦ってマスクや髪の毛を触ってしまったりしました。普段どう見られているかや、立ち姿などをもっと意識して生活しようと思います。また、内容が自己紹介になっていたので自分をちゃんと知って練り直したいです。』

テストを受けることで、自分の出来ていない部分もしっかりと自覚できたようです。
これからの成長が楽しみです☆

代アニエンタメ学部~講師紹介~

Teacher Introduction

はじめまして!東京校声優タレント科講師、竹下です。どどん。

竹下、野球少年でした。将来の夢はプロ野球選手!!でしたが…
高3夏の甲子園神奈川予選で涙を飲んだ竹下は、野球と別れを告げました。

特に夢もねーので、「大学行くかな〜」くらいで大学進学を決めました。

が全滅。浪人。

一年後、何とか入学。そしてチャラっと5年間が過ぎました。
特に夢もねーので、就職活動し、内定もらい、研修にも数回参加。

そんな時、母親から一枚のチケットをもらう。
「ザ・サードステージ パレード旅団」

面白かった!度肝抜かれるくらいハラハラし楽しい時間でした。

やってみたい!つーか、できるんじゃね!?

次の日には会社に内定取り消し願いを申し出ました。
人事担当者にはハナで笑われましたが、青年竹下くんは本気です。

聞いたことある名前だから。
という理由で「文学座」という劇団の養成所を受験。

ド素人が文学座の養成所に入ると、周りは猛者ばっかり。大学演劇科出身だの、高校演劇部で全国大会出ただの、子役から活動してるだの、父は超有名な声優さんだの。

だから何だよ!

という反骨心のみで突進。いい仲間が出来て、芝居に没頭した時間ではありました。
その後小劇団に入り、東京ほか全国ツアーだの活動。

芝居を見てくれた方が事務所に誘ってくれて、声の仕事中心に、顔出しもやるということになりました。

そこで出会った4人の方(プラス1)の心に残る言葉。

①劇団の先輩 高橋●実さん(俳優、昼の情報番組の司会者)

「お前がやれ。人のせいにするな。お前がやれてねえから相手も変わらないんだ」

②ナレーション収録時 某広告代理店プロデューサー

「そんな器用に何パターンもいらんねん!この映像見て、自分らしく読んでくれるのが一番でしょ?なに、僕こんなんも出来ますよーって見せてんねん!」

このあと口喧嘩。どっちが正しいとかではなく、こういう方、最近は減りました。

③外画の監督さん

映画、1日何本観てる?俺でも最低1日1本は観るようにしてるぞ。

④声優●井●加さん

みんな●ちゃんのこと、天才とか七色の声とか言ってるけど、彼の台本真っ黒だからね。(書き込みが凄く、人よりも努力をしているという事)

⑤父

ライト浴びて拍手もらえたり、TVから声が流れてきたり、普通の人ではできない経験をしてるんだから、あとは何があってもプラスマイナスゼロだ。

皆さん!迷っていたら、まず、飛び込んでみよう!
やらないと何もはじまらない!沢山の人と出会いで成長しよう!
代アニのオープンキャンパスで待ってるぜ!!

さらに詳しく

戻る

TOP