東京校通信vol.18公開!! エンタメスタッフ学部卒業生にインタビュー!イラスト科の卒業制作とは!?

2022.4.27

2023年度4月生第一期AO出願受付中✨

冬の寒さがあけ、あっという間に暖かくなってきましたね🌸

代々木アニメーション学院でも卒業生を送り出し、新入生が入学されました。

みんな真剣な面持ちで授業に取り組んでおります。
夢に向かって皆さん頑張ってください✨

代アニは2023年度4月生AO1期受付中!
5月末までの出願だと【入学前の1年間週1回無料授業】や【学費免除】などのお得な特典も、、、!

GWの代アニもイベント盛りだくさん!
アニメ・エンタメ業界に興味があるアナタは是非オープンキャンパスにお越しください🎵

さて、4月の東京校通信は
芸能マネジメント科の1期生インタビュー
イラスト科【卒業制作】 の特集です!

エンタメスタッフ学部1期生卒業生 OB特集

エンタメスタッフ学部芸能マネジメント科1期卒業生のNさんがお仕事で母校に戻ってきてくれましたので在学中の思い出や近況を伺いました。

Q.自己紹介とお仕事について簡単に教えてください。

A.エンタメスタッフ学部芸能マネジメント科一期卒業生の現在22歳です。
今は舞台俳優や声優が所属する事務所のmitt management株式会社にてアシスタントデスクとして働いています。
仕事内容は、プロフィールの更新、台本ピックアップや印刷、ホームページの更新、メールの代送、プレゼントの確認など様々なことをしています。

Q.コロナウィルスが拡大し、イベントが中止・延期が続く中で不安も大きかったと思います。
それでもここまで走り続けてこられた一番の要因は何だと思いますか?

A.やはり「エンタメが好き」 という気持ちです。
自粛期間や感染対策が必要な状況のなか、新しい形で私たちに届けてくれているエンタメに勇気と元気を貰っていたので、「エンタメ業界で働きたい」という気持ちは変わりませんでした。

Q.代アニは株式会社で運営している利点から授業に業界の方やタレントさんに来て頂いたり外部での実習の機会もありました。
どんな授業が印象に残っていますか?

A.外部の実習は新鮮で、印象的でした。
実際の現場を見ながらお話を聞ける経験はなかなかないですし、自ら経験もできるのでとても印象に残っています。

特に印象深いのは=LOVEさんの日本武道館公演の現場実習でした。
大きい会場で実習できる機会は本当に貴重で、実際に働いている方々から直接お話しやご指導をいただけるのは自分の中でとても良い経験になりました。
授業で習った事と体験したことが自分の中で結びついたときは本当に嬉しかったです。

Q.2年次の途中から現在の会社でインターンをさせて頂いてましたが、インターンではどんな実践が積めましたか?

A.台本ピックアップやホームページ・ファンクラブサイトの文章作成と更新、タレントさんの写真チェックなど沢山経験させて頂きました。

Q.Nさんにとってマネージャーとして一番必要な事、そして一番のやりがいは何でしょうか?

A.タレントさんもマネージャーもお互いに助け合い、支え合っている関係ではないかと在学中の2年間を通して感じました。ですので「タレントさんの助けになっていけたら」という気持ちはとても大切だと思います。

Q.最後に同じく業界就職を目指す後輩や、これから入学を検討されている方々に一言お願い致します。

A.高校生の時にエンタメに興味を持ち代アニへの入学を決めましたが、振り返ってみて入学できて本当によかったです。
「好き」の気持ちは本当に大事で、またその気持ちが自分を動かす原動力になると思います。

そして「就職してから」ではなく「就職する前に」できるのが代アニの強みだと思います。

「好きなことを仕事にしたい。」と 思っている方はぜひ、体験入学でもいいので一歩を踏み出してみて欲しいです。

Nさん、本日は代アニに戻ってきてくれてコメントも頂きましてありがとうございました。これからの活躍を楽しみにしていますしまたお仕事でご一緒できる日を楽しみにしております。引き続き頑張ってくださいね。

イラスト科 【最後の課題】卒業グループ制作授業について

代々木アニメーション学院のイラスト科では、毎年2年生になると2年間の集大成として【卒業グループ制作】という授業を行います。

5人から8人ほどのグループに分かれて作品制作をおこない、【成果発表会】で出来上がった作品を展示します!

昨年度の全体のテーマは【ゲーム】
ソーシャルゲームをイメージしたもの、TRPGやマーダーミステリーをテーマにしたものなど、それぞれのグループでジャンルを選んで制作しました。

個人ではなくグループで企画し、ディスカッションしながら世界観やテーマを決めてゆきます。
キャラクターデザインだけでなく、ゲームに登場するアートボードやアイテム、UIデザインや絵柄を決めて担当に分かれて作成。
実際のゲームのイラスト製作の現場を想定した作品作りが経験できます✨

授業の様子も、お互いに話し合いがしやすいようグループになっておこないます。

今年度も、どんな作品が出来上がるか楽しみです!

戻る

TOP