JP

代々木アニメーション学院

JP

仙台校通信vol.9公開!!このイラスト、動くぞっ!!イラスト科の最先端カリキュラム”Live2D”!!今回は制作途中をダイジェストでお届け!

このイラスト、動くぞっ!
イラスト科はLive2Dに挑戦中!

イラスト科の1年生、2年生が年末から挑戦しているカリキュラム「Live2D」。
これは、
①設定リストの中からパーツを選択しMYキャラクターをデザイン、
②Live2Dというソフトを利用して動くキャラクター素材を作成し、
③Adobe After Effectsに読み込んでショートムービーを作成する…という授業です!

デザインするときには3種類ほど異なったラフを作成していちばんびびっと来そうなデザインを選んで描き進めていくわけですが、「動かす」という要素が入ってくると、様々なパーツのデザインに構造の理解が必要になるんですよ。
まつ毛や髪の毛、衣装の重なり具合とかが、ものすごく大事!と気がつくことになります。

Live2Dについては「1年生は基本的な設定方法」を、「2年生は応用的な方法」を学んでいます。
コツコツパーツ分けして、動かせるように登録して…と最初は地味な作業が続きますが、その分イメージ通りのモーションができたときの「やってやったぜっ!」感は半端ないですね。

1年生も2年生も今年度は背景素材も自分で描いているので、本当に総まとめの作品になる予定です。
声優タレント科の在学生に協力してもらってボイスが付くショートムービーは1月中旬完成予定。
できあがりが楽しみです(*´ー`*)
(講師 うの)

マンガ科『ヒーローズ編集部』来校!

代々木アニメーション学院のマンガ科では、株式会社ヒーローズ様の全面協力の下展開しているカリキュラム『ヒーローズ授業』があります。
代々木アニメーション学院の各校舎へ編集さんが出向き、作品を講評してくださるというスペシャルな授業です。
審査会』などのイベントとしてではなく、あくまで通常の授業の中で出版社の編集さんに作品を見ていただけるのは代々木アニメーション学院だけ!

昨年末、降りしきる雪の中、編集さんが仙台校まで足を運んで下さいました。
1人1人丁寧にアドバイスをいただき、その中でも『キャラクターの感情をわかりやすく伝える方法』を重点的にお話していただきました。
キャラクターの動機や感情は、作者自身はよく分かっていても、読者にはなかなか伝わりづらいものです。
だからと言って『言葉』で伝えるのではなく、『』で表現することを意識しなければなりません。
』でキャラクターの仕草や行動をどれだけ伝えられるか。それこそがマンガならではの面白さなんですよね。

もうすぐ卒業が迫る2年生は、ヒーローズ様の授業を受けるのは今回で最後。
1年生のときから作品を見ていただいた編集さんに、みんなで挨拶をして終了となりました。
この2年間でいただいたアドバイスを、今後の作品づくりに活かしていって欲しいと思います。

アニメーター科1年生、アニメを作る。

アニメーター科1年生は現在合同でショートアニメーション制作に挑戦中!

まずはどんなアニメにするか?企画を立てるところから始まります。
制作期間と人数を踏まえ、どれくらいのボリュームにするかを見極めることも大事ですね。
ストーリーが決まったら、絵コンテを描き、誰がどのカットを担当するか話し合いをしていきます。
実際のアニメーション制作の現場と同じようにみんなで協力して作り上げることがポイントです💪

話し合いの現場に潜入…📸

これが絵コンテですね…
サンタとトナカイの前に現れたのは…

決まった担当割り振りでそれぞれ作画をしていきます。

こんな感じで…

おっと今回はここまで。現在鋭意制作中です!
完成が楽しみですね!✨

(講師 みかみ)

【声優タレント科】
年末年始はこんなことをしていました

プロを目指して毎日毎日レッスンに励んできた声優タレント科の学生たち。
冬休みは久々にみんなと離れて、なんだかちょっと不思議な時間。
しかーし!
たとえ休暇と言えども、そこは声優の卵たち。きっといろいろ考えながら、1分1秒を大切にしていたに違いない…

というわけで、休み明け久々に登校してきたみんなに「冬休み何してた?」とインタビューしてみました。

「家で滑舌や発声練習、歌の練習をしたり、夕方に1時間のウォーキングとジョギングをしたり、筋トレをしたりしました!」
「無声音と滑舌の練習、口輪筋と舌根のトレーニングをしていました」
お! 休みでも特訓していたのね! 感心感心!
「10年以上前のアニメや舞台を見ていました」
「目に付いたアニメを片っ端から見ていました。​いろんなジャンルに触れて自分の引き出しが増えた気がします」

「友人からマーベルをオススメされたので鑑賞したところ思っていた以上に面白くて夢中になって見ていました」
うんうん、刺激や感動って大事だもんねー♪
「実家に帰省して久々に家族でゆっくり過ごしました」
「学生最後の親孝行を楽しみました!」

そうだよねぇ、2年生にとっては旅立ち前のひとときだもんねぇ…
「家で歌の練習をして怒られ、犬に向かって延々と滑舌の練習をして吠えられていました。言葉を聞かせていれば喋り出すかなと思ったのですが上手くいかないものですね。滑舌が甘かったのかもしれません」
うん、いろいろ試すのは良いが… いや、今度ゆっくり話し合おう…

24時間365日「声優」でいることを、みんなそれぞれの形で実践していたみたいですね!
頼もしい学生たち!冬休み明けも期待しているぞっ!!

LINE