代々木アニメーション学院「春のオープンキャンパス」イベントレポート 声優「仲村宗悟さん」によるゲストトークを開催!!

2021.4.23

3月28日、代々木アニメーション学院が開催するオープンキャンパスにゲストとして声優の仲村宗悟さんが来場してくれました。

【出演作品】
「アイドルマスター SideM」天道輝役、
「TSUKIPRO THE ANIMATION」久我壱星役、
「刀剣乱舞-ONLINE-」北谷菜切役、
「『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』Rhyme Anima」蟒蛇銀蛇役など

上記にとどまらず、声優として多くの役を演じています。
さらに、アーティストとして活動し、CDもリリースしています。

当日は約45分に渡り登壇いただき、未来に向けて代アニへの入学を検討している皆さんに、ご自身の体験から業界のことや、一歩を踏み出すための力になるお話をしていただきました。

お話の中には、「AKIRA」で主人公を演じた大御所の岩田光央さんや、多くのヒット作に出演し、「鬼滅の刃」にも出演する松岡禎丞さんから指導を頂いた貴重なエピソードも明かしていただきました。

-本日参加者の皆さんの中には、声優になりたいけれど、保護者の方から理解を得られないという方もいらっしゃいます。仲村さんの場合は、どうやってご家族を説得しましたか?

「僕は四人兄弟の末っ子で、すごくかわいがられていたので、上京したいと伝えたとき、最初は反対されました。でも自分の決意をしっかり伝えて最終的に納得してくれました。
人生は一度きりなので、その熱意をきちんとご家族に伝えれば、きっと大丈夫だと思います。」

-共演者やスタッフの方から掛けられた言葉で、心に残っているものはありますか?

「今も心に留めている言葉を、松岡禎丞さんからいただきました。ある現場ですごくよく喋るキャラを演じる時、どう演じれば良いかわからないことがありました。収録が居残りになってしまった際に、禎丞さんが一緒に残ってくれたんです。
『リテイクの一発目から120%まで振りきった方が良い。そこから少しづつ落としていけば、ゴールが見えてくる。』
これを聞いて、何事も中途半端はよくないと気付くことが出来ました。

-これからやりたいことを目指す参加者の皆様にメッセージ

「様々な興味をもつことが大切だと思っている。
今日、代アニに来たということは、興味に一方踏み出した状態。

これからもっとたくさんのことに興味を持ち、様々な人とコミュニケーションを取って、自分の枠を広げてほしい。
そうすれば自ずとやりたいことや、進みたい方向を導き出すことができる。」

仲村さんご自身も来場した皆様と仕事ができることを楽しみにしていると締めくくってくれました。

戻る

TOP