JP

代々木アニメーション学院

JP

名古屋校通信vol.17公開!! 初心者からプロへ。代アニの学びがカタチになる。

人気イラストレーター岸田メルさんライブドローイング

毎日寒い日が続いていますが、代アニ名古屋では2022年度も元気にオープンキャンパスを開催中!声優、アニメ、マンガ、ゲームなどのプロを目指す皆さんにたくさんご参加いただいております。
中でも「イラストレーターになりたい!」そんな皆さんの夢に燃えるアツい気持ちを受け止めるゲストが名古屋校に来訪!人気イラストレーター岸田メルさんからは超絶美麗なライブドローイングをご披露いただいた!なんと120分というメルさんの技術見放題の夏休み特別版でお届け。次から次へとトッププロのテクニックが飛び出し、最近ご自身が問い入れている最新のテクニックもご披露いただき瞬き厳禁のプレミアムイベントになりました。まあるで魔法を見ているような時間に感嘆のため息が…
イラストの描き方だけでなくプロになるために絵描きとして必要な思考や努力の仕方などをお聞きし、絶対プロになってやる!という気持ちが一層強くなりました。

代アニ名古屋校では皆さんのスキルアップと進路相談ができるイベントを開催中!皆さんのお越しを心待ちにしています。

マンガ科高等部生が有名漫画誌の担当付きに!

名古屋校マンガ科、高等部2年生在籍の学生さんにインタビュー!

1年次は、秋田書店別冊少年チャンピオン、講談社月刊少年マガジン、集英社グランジャンプ合格担当付き。
2年次は、講談社週刊少年マガジン合格担当付き!

Q1、マンガ家を目指したきっかけ
A1、小さい頃から絵を描く事が好きでいつの間にか、マンガ家を目指していました。入学する前までは、マンガ家になりたいなと思っていただけでしたが、沢山描いていくうちに自分の中で「マンガを描きたい‼」に考えが変わっていきました。

Q2、代アニで学んだ事
A2、マンガの描き方の殆どを教えてもらいました。
行き詰っている事があってもすぐに聞けるし、担当さんとのやり取りの仕方まで教えて頂きました。

Q3、担当付ける為に工夫した事
A3、言われたことをすぐに実践してみる事です。

Q4、後輩に一言
A4、私が言える立場ではないのですが、とにかく楽しんで描きましょう!

現在はよりレベルアップを目指しマガジングランプリ応募を目指して、模写課題や新規ネーム作成など担当さんと連載に向けて頑張っているとのこと。
みなさん、応援よろしくお願いします!

入学1年間でアニメが作れるようになる!アニメ学部共同作品制作

名古屋校アニメーター科&アニメ監督・演出科1年生制作の短編アニメーションが、ついに完成!
アニメ制作工程の全てを学科を超えて協力し、一番大事なチームワークの力を学びました。
作品にかけた”熱い想い”を監督に伺います。

『ベイベ』監督
アニメーター科 川上修さん

Q1.「ベイベ」の見どころは?
A1.アクションが中心。ヒトの動きや爆発などの作画に力を入れました。
終盤の盛り上がりに注目してほしいです。

Q2.制作の期間や人数は?
A2.17人チームで11月から約3ヶ月制作。
授業は週一回でしたので、自宅でも作業しました。

Q3.制作の苦労や嬉しかったエピソードは?
A3.68カット徹夜でチェックしたり色指定や背景描いたり。
慣れないことの連続。完成させたい一心で乗り切りました。
完成映像を見た時は、すごく嬉しかったです。

『FAN OF ANIMATION』監督
アニメ監督・演出科 鈴木 翔耶さん

Q1.「FAN OF ANIMATION」の見どころは?
A1.「アニメファンの純粋な気持ち」が企画テーマです。
アニメを見て、心境が変化して、体が動く瞬間を丁寧に描いているので、注目してほしいです。

Q2.制作の期間や人数は?
A2.13名のチームで制作に臨み、昨年11月から3ヶ月かけて制作しました。

Q2.制作の苦労や嬉しかったエピソードは?
A2.連絡、連携、ミスを無くす工夫をしたことです。
「アニメはみんなで作るもの」は知識として知っていました。管理しながら作業した経験は、知識を実感に変えることができました。アニメーターさんからいい原画、動画が上がってきた時は、苦労が吹き飛ぶくらい嬉しかったです。

名古屋校アニメーター科オープンキャンパスでも上映します。
ぜひごご覧ください。

LINE