「好きなことで生きてみたい」と思うなら、

挑戦してみてほしい。代アニは、変われる場所

アニメーター科2年 飯田 海

一度、社会人として就職するも違和感を感じて退職。アニメーターになりたいと思い代アニに入学した飯田さん。
入学までの経緯やアニメーターについて、将来のことなど幅広くインタビューを行いました。

Q.目指しているものは何ですか?またそれを目指すきっかけを教えてください。
工業高校を卒業し、建築設計事務所に就職したのですが、違和感を感じはじめました。アニメーターの姉がいるのですが、大変そうではあるけれど、すごく楽しそうにも見えました。自分の状況とのギャップを感じました。就職のときに、深く将来のことを考えられていなかったのだと思います。
もともと絵を描くのが好きだったので「好きなことで生きてみたい」と思い退職。アニメーターを目指すことにしました。
Q.代アニ入学までの経緯を教えてください。
ネット検索で代アニを見つけました。身内にアニメーターもいるので、情報も入ります。カリキュラムを見てしっかり学べる内容だと感じました。
青森の出張体験に参加して、その際に親身に相談にのってくれました。新聞奨学生の制度があると聞いて、その制度を利用するには東京校が良さそうなので、東京校の体験入学に参加。入学を決めました。
Q.アニメーターの面白いと感じるところを教えてください。
1枚の絵のクオリティは、漫画やイラストに比べたら劣るかもしれません。でも、動かした時の感動はアニメーションはすごいと思っています。
また、描く技術が確実に求められるジャンルだと思います。アニメーションにするには圧倒的な量を描きますし、1枚狂うとアニメーションの全体が狂ってきてしまうので、動きを考えた技術も必要になる。そういったところに醍醐味を感じています。
Q.代アニの授業の内容を教えてください。
アニメーションを作るにあたって、基礎知識から応用まで2年間かけて一通り学ぶことができます。
また、他の学科の方と一緒に作品を作る授業もあります。アニメーター、アニメ背景、音響、声優など、それぞれの専門学科が合同で作品作りを行います。学校内の人材で1つの作品を作れるのは、多くの学科がある代アニの強み。他の方と関わって、実際作ってみることで分かることもあります。成長につながると思います。
Q.あなたの思う代アニの特徴を教えてください。
最新の設備や勉強しやすい環境があるところ。あとは、人の繋がりが強みだと思います。
校内には同じ夢を求めてる人たちばかりなんで、話が合いますし。他の学科との交流では「そういう考え方があったのか」と知識や視点が広がります。気になる会社があれば、先生がOBの方などに話しを聞いてくださったり、つないでくれたりもします。校内外のつながりの強さを感じ、代アニの強みだと感じています。
Q.苦労したことや、うまくいって結果を出したエピソードなどがあれば教えてください。
毎日絵を描くことです。やはり描くことが上達につながると思います。
スケッチブックを毎日1枚以上は描くようにしています。時間があったら絵を描いています。好きなことなので楽しく取り組めていますが、こうした積み重ねが自信にもなります。その成果が就職にもつながったのだと思います。9月に無事、就職が決まりました。
Q.今後の展開や将来の夢についてお聞かせください。
アニメーターから、その先は作画監督を目指したいと思います。
絵だけでなく演出などにも挑戦したいです。キャラクターデザインにも関わりたいです。アニメとして動きやすいキャラを描きおこしたり、動かしやすいようにデザインをし直したり、そういったこともやっていきたいと思っています。
Q.これから入学される方にアドバイスがあればお願いします。
代アニは、変われる場所だと思います。親からは引っ込み思案な性格だから、絵を描いても人にみせないんじゃないかと心配されていました。でも代アニは周りの人から見に来てくれるような環境で、いまではSNSでも写真をアップするようにもなりました。自分の勇気だけじゃなく、授業や先生、友達が新たな一歩を踏み出させてくれることもあります。

僕は、ちょっとでも興味があれば、気軽に入っていいんじゃないかと思います。やらないで後悔して欲しくないです。僕自身が、漠然とした考えで就職して後悔したので「好きなことで生きてみたい」と思う方であれば、挑戦してみるべきだと思います!
インタビューTOPへもどる