若さがアドバンテージに。代アニ高等部は、

やりたいことに「早く」「全力」で取り組める。

高等部所属 イラスト科 長田浩孝

中高一貫の中学校に通っていた長田さん。早くイラストの勉強をしたいと思い、代アニの高等部に入学を決意。
代アニ入学までの経緯や、代アニの魅力、高等部についてなど幅広くインタビューを行いました。

Q.アニメ業界に興味を持ったのはいつですか?
中学生の時、アニメのキャラクターを描く事に熱中するようになりました。そして、ある絵描きさんの絵をはじめて見たときに衝撃を受け、僕も影響を与えられるイラストレーターになりたいと思いました。
Q.代アニ入学までの経緯を教えてください。
中高一貫校に通っていたのですが、中学2年の終わり頃にイラストレーターを目指したいという気持ちが強くなりました。イラストの勉強ができる学校を探していて、中学卒業後に学べて高校の卒業資格も取得できる代アニをネットで見つけました。
他の選択支は見つからず、体験入学に行く前にかなり気持ちは固まっていました。
Q.体験入学のことを詳しく教えてください。
的確なアドバイスや具体的な指示をいただき、自分一人で勉強するよりも確実にスキルアップにつながると感じました。入学の意志は初回の時に固まっていましたが、勉強のためにその後も何度か体験入学に参加しました。
Q.全日制高校との違いはどこですか?
夢に向かって時間を有効活用できるところだと思います。
高校の卒業資格は通信制度を使って取得します。取り組み方次第で高校の授業時間を短くすることができ、そのぶん絵に費やせる時間を増やせました。
Q.代アニの授業の内容を教えてください。
基礎的な授業では、構図学が印象に残っています。
構図はよく悩む部分だったのですが、「構図を考える7つのポイント」を教わり、とても考えやすくなりました。実践的な授業では、実際の仕事を想定して制作のやりとりを行う「制作シミュレーション」という授業が印象に残っています。基礎的な内容から、実践的な授業まで学ぶことができました。代アニの授業内容にはとても満足しています。
Q.学校生活についてお聞かせください。
代アニで世代を超えた繋がりができました。
専科はすでに高校を卒業されている方がほとんどですし、大学卒業をした方や社会人経験のある方など、世代を超えた繋がりができました。こういう環境はあまりないと思うので、代アニのプラスの部分だと思います。設備も使えて、先生に相談もでき、必要なら授業も受けれますし予備期間になっています。
ゲーム会社への就職を目指し、ポートフォリオをまとめたり面接の対策などをしています。
Q.辛く感じたことはありますか?
スランプになったときは大変でした。
自分の実力不足を感じて、何を描いても下手に見える時期がありました。それでもひたすら描いて乗り越えました。どうしたら自分の好きな絵になるのか、様々な視点で見直しもして。代アニに通っていることで、スランプでも描かなくてはいけない場がある。代アニに通ったことでスランプを乗り越えられたと思っています。
Q.印象的なエピソードがあれば教えてください。
学院祭のコンテストで入賞したのは嬉しかったです。完成した絵を評価してもらったり、SNSやインターネット、コミケなどで反響があると励みになりますし、嬉しいですね。
Q.これから入学される方、イラストレーターを目指される方にアドバイスがあればお願いします。
高校生の時期は、遊ぼうと思えば遊ぶことができる時期。
でも、自分はやりたいことに早く、全力で取り組みたかった。若ければ若いほどアドバンテージにもなると思います。夢に向かっていち早く行動を起こしたい人は、ぜひ高等部に入学してみてください!