自分の理想のチームを作り上げ

結果、それが良い作品になればいい。

アニメ監督・演出科2年 池上 瑛一

社会人になってからアニメ業界に興味を持った池上さん。大手アニメ制作会社に就職も決まり、順調に歩みを進めている。
代アニ入学までの経緯や、代アニの魅力、就職のことなど幅広くインタビューを行いました。

Q.アニメ業界に興味を持ったのはいつですか?
アニメ業界を目指そうと思ったのは一度、社会人になってからです。実は、アニメにはそれほど興味があったわけではありませんでした。
シフトの関係で深夜に仕事が終わる時期があって、仕事終わりにアニメを見るようになりました。アニメを見て「こんなに心がゆさぶられるものなんだ」と感じ、明確にアニメ業界に行きたいと思うようになりました。
Q.アニメ監督・演出科を選んだ理由は何ですか?
絵は描かないし、進みたいのは声優・タレントの方向でもない。消去方でたどり着いたのがアニメ監督・演出科です。
いまは、プロデューサーを目指し、そのために学んでいます。海外ではアニメ監督の先にプロデューサーのキャリアパスもあるくらい、アニメ監督とプロデューサーは関連のある職種です。
Q.アニメ監督・演出科の魅力は何ですか?
僕がやりたいのは「商業アニメ」です。チームを大切にするものづくりがしたいと思っています。
一人では作品は作れないので、自分ができないことをできる人と、いかに仲良くできるか。自分の理想のチームを作り上げ、その結果、それが良い作品になればいいと思っています。プロデュースによって、1+1が10にも20にもなったりする。そんなところに魅力を感じています。
Q.代アニ入学までの経緯を教えてください。
若いうちに一度、海外に出てみたいと思い、自分で資金を稼いでから留学をしました。ところが、大学側の手続き不備で進級ができなくなってしまい、日本に戻ることに。
もともと行きたかったアニメの学校を探しました。監督の学科を探して全国の学校を調べましたが、アニメ監督がしっかり学べそうな学校は代アニしか見つかりませんでした。選択肢は代アニ1択でした。
Q.代アニの授業の内容を教えてください。
僕の目指すプロデューサーに必要な授業が、実践的に、集中して学べています。
いまは卒業制作に取り組んでおり、アニメーターや背景、音響など、他の学科の人とチームを組んでいます。代アニには幅広い学科があり、実際の現場に近い環境で学ぶことができます。
Q.あなたの思う代アニの特徴を教えてください。
いろいろな人脈や会社とのつながりが強いところですね。例えば、代アニは大小様々な会社から求人があります。たくさんの情報が集まり、将来の選択肢も多くなります。
また、代アニには先生も生徒も凄い人が多いです。刺激になりますし、自分に何ができて、何ができないのかを知ることができます。
Q.就職決定までの経緯を教えてください。
4月にエントリーが始まり、3社応募して2社から内定をいただきました。アニメ好きなら誰でも知っている会社です。
新聞奨学生もやっているので、就職活動にさける時間もあまりとれない状況で、本当に行きたいところだけを受けました。希望の会社に就職できて嬉しいです。来週から、その会社にインターンに行く予定です。(※インタビュー時期10月)
Q.インターンへの意気込みをお聞かせください。
内定者へのアナウンスで早く来れる人はインターンに来てほしいと募集されていたので、すぐに手をあげました。いち早く仕事に入ることができて嬉しいです!
Q.これから入学される方、アニメ監督やプロデューサー を目指される方にアドバイスがあればお願いします。
いろんな気持ちに負けてないでほしいと思います。熱い気持ちを持っていても、進むうちに自分の実力を知ったり、周りにいる凄い人を目の当たりにしてモチベーションが下がってしまうこともあります。
根拠ない自信でも良いから、強い気持ちを持ってほしい。もし信じるものがないのなら、作ればいい。負けない気持ちを持って残り続けることが、良い作品作りに繋がると思います。