JP

代々木アニメーション学院

JP

等部で早くから
専門知識を身に付ける。
の環境に身を置けるのは
魅力的で純粋に楽しい!

高等部所属 声優タレント科2年 伊藤 貴之

ボカロPとして楽曲動画を投稿する等、
夢に向かって積極的に活動する伊藤さん。
入学までの経緯、代アニや高等部の魅力、
授業のこと等を幅広く語って頂きました。

Q.アニメ業界や声優に興味を持ったのはいつですか?

母がかつてナレーターをめざしていたことに影響を受けて、3歳の時から兄と一緒に自分たちで芝居や朗読をして楽しんでいました。その経験もあって、14歳の時に役者の道を志したのですが、声優であれば、声優業はもちろん俳優や舞台役者、ナレーター等、様々な仕事ができると思いめざすことに決めました。

Q.代アニ入学までの経緯を教えてください。

初めは母から反対されていましたが、若いうちから夢を追いたいという想いが強かったので、代アニや他の学校の資料を請求して良さを伝えたり、入学後に始まる一人暮らしに向けて家事スキルを身に付けたり積極的に行動しました。10代から事務所へ所属できる可能性が高いことが、代アニへ入学することにした決め手です。

Q.体験入学のことを詳しく教えてください。

4回ほど参加して、体験授業を受けたり、卒業生の方や先生に話を伺ったりしました。他の学校や養成所等も検討の為に行ったことがあるのですが、代アニでは学生スタッフの方が親身に話を聞いてくれたことに驚きと喜びを感じました。代アニと学生が近しい立場で一緒になって物事を進めている光景に惹かれました!

Q.印象に残った授業の内容を教えてください。

オーディション対策の授業があったのですが、自分を含めクラスの皆が四苦八苦しました。オーディションにおいて自己PRは必須です。他の人との差別化は何かじっくり考えたところ、私の場合は12歳くらいから勉強を始めた作曲でした。自分なりの答えを見つけた時はうれしかったです!

Q.学校生活についてお聞かせください。

週5回、午前は声優タレント科の勉強をしています。午後は授業の復習や高等部の勉強、趣味の作曲・楽曲投稿、アルバイトに励んでいます。根を詰めず、適度に自身を労わりながら趣味も大切にできる充実した毎日です。

Q.あなたの思う代アニの魅力を教えてください。

週5回、現役で活躍されているプロの声優や舞台役者、ダンサー、シンガー、ナレーター等の方に学べることです。さらにその学びを活かせる場として、仕事の依頼やオーディションがあります。また先生が全力でサポートしてくれるのも魅力だと思います。

Q.高等部の良さは何ですか?

同じ高校生よりも早くから専門知識を身に付けられることです。若ければ若いほど技術や知識を会得する吸収力があると思うので、早くからこの環境に身を置けるのは魅力的であり、何よりも純粋に楽しいと感じています!

Q.他の年代の方と一緒に声優タレント科の授業を受ける
ことについて、どう感じていますか?

年上や年下の方と関わるのが得意ではない人もいると思いますが、授業を通して自然と仲良くなれますよ。まわりに様々な人生経験を持っている人がいるということは、それだけ自分が成長できる機会が多いということです。様々な年齢のクラスメイトから盗める技術を盗みつつ、自分の糧にしていきたいです。

Q.声優の面白いと感じるところを教えてください。

細かなニュアンスを表情や身体を使って表現する俳優と違い、声だけで演じるというのが一番の特徴であり、面白いところだと思います。今は授業で、マイク前での演技と舞台上での演技の両方を学んでいるのですが、とても難しい半面やりがいを感じています。自分なりの正解を模索しながら練習に打ち込んでいます。

Q.これから入学される方にメッセージをお願いします。

3年間は長いようで短く、一瞬で過ぎてしまいますので全力で頑張って欲しいなと思います。声の出し方や滑舌、演技等、聞くだけで圧倒されてしまう実力を持つ現役のプロの先生方があなたをサポートしてくれますので、本気ならぜひ、代アニへ来てください!

LINE