JP

代々木アニメーション学院

JP

際の現場で体験できるので、
こでの経験は企業で
働く時の強みになる。

アニメ音響科2年 外山 哲也

高校卒業後の進路として選んだ介護職から、
今は音響の道へと進んだ外山さん。
入学までの経緯や代アニの魅力、
将来のこと等を幅広く語って頂きました。

Q.代アニ入学までの経緯を教えてください。

介護が必要な家族の為に自分も何かできないかと考えて、介護福祉士の国家資格取得をめざす高校へ通いました。エンターテインメント業界に興味を持つようになったのは、高校の同級生との何気ない会話で声優という仕事について知ったことがきっかけです。高校卒業後は体験入学でお世話になった代アニへ入学し、2.5次元演劇科に在籍しました。

Q.音響に興味をもったきっかけを教えてください。

2.5次元演劇科に2年間所属していたのですが、他の学科が公演する時にPA(音響)等を何度か担当したことがあります。その経験を通して、自分はPAの方が向いているのではないかと思いました。

Q.体験入学のことを詳しく教えてください。

高校2年生の夏に知り合いと一緒にアフレコ体験に参加しました。その頃は演技の知識がなかったのですが、当時スタッフの方が役に入った瞬間、ふわふわとした雰囲気から全く別人になっているのを目の当たりにして「人間ってここまで変われるんだ、すごいな」と思ったことを覚えています。

Q.音響の面白いと感じるところを教えてください。

セリフやBGM、効果音を編集して一つの作品をつくり上げていくこと、身近な音を使って新しい音を作成していくことに面白さを感じます。

Q.印象に残った授業の内容を教えてください。

作品制作の授業が面白かったです。声優のことを理解していないと音はつくれません。例えば走る演技に効果音を付けるにしても、ゆっくり走っているのか、勢いよく走っているのかで音が変わってきます。音だけで聞いている人にどう伝えるかを皆で考えました。実際に自分たちで演技したものを収録して、それに効果音を付けていきながら一つの作品つくりました。

Q.学生生活はいかがでしょうか。

授業後は友だちと「あの作品のここが良かったよ」等、作品について話したりしています。新聞奨学生なので業務と勉強の両立も頑張っています!

Q.あなたの思う代アニの魅力を教えてください。

他の学校とは異なり授業の中で現場を知るチャンスや、その業界について知るチャンスが多くあるところです。私は入学後、体験入学の音響スタッフとして参加したのですが、プロの声優の方と直接打ち合わせをさせて頂きました。実際の現場で経験を積めるのは代アニならではだと思います。

Q.今後の展開や将来の夢についてお聞かせください。

MAミキサーとして仕事をしていく為に、これからも多くのことにチャレンジしていきたいです。

※MAミキサーとは、あらゆる音の素材を一つにまとめ、作品を仕上げる音の技術者のこと。

Q.これから入学される方にメッセージをお願いします。

自分がやりたいと思ったことの為にできることを積極的に行っていけば、技術の経験値を積むだけではなく現場の方々と知り合うことができますよ。

LINE