JP

代々木アニメーション学院

JP

来は連載を持って、
者を楽しませる
マンガ家になりたい。

マンガ科2年 城田 湖春

すでに週刊誌2社の担当がついて
活動している城田さん。
入学までの経緯や代アニの魅力、
将来のこと等を幅広く語って頂きました。

Q.マンガ家をめざすきっかけを教えてください。

2歳の頃から絵を描くことが好きで、ずっと絵を描いていました。父がマンガが好きで家にたくさんマンガがあったので私も読むようになったのですが、イラストのように一枚で完結せず、セリフがあることや表現のバリエーションが多いことに面白さを感じてマンガ家をめざすようになりました。

Q.代アニ入学までの経緯を教えてください。

高校生の時に、マンガを学べる学校について調べている中で代アニと出会いました。複数回、体験入学へ参加したのですが、先生が熱心にカウンセリングしてくださったり、人体の基礎を学ぶ授業を通して改めてマンガの面白さを感じることができたので、代アニへの入学を決めました。両親は「学びたいことがあるなら良いよ」と応援してくれました!

Q.マンガ家の面白いと感じるところを教えてください。

少年マンガや少女マンガ等、色々な種類がありそれぞれ表現の仕方が違うところや読者へ伝わるようにセリフの言い回しを工夫するところが面白いと感じます。書き言葉と違いマンガは話し言葉なのでストレートに読者の心へ入っていけるところにも魅力を感じます。

Q.印象に残った授業の内容を教えてください。

ストーリーをつくる授業です。一つのテーマに対してクラスの皆がマンガを描き、それをお互いに読むことができるのですが、自分の作品をたくさんの人に「面白い!」と言ってもらえてうれしかったです。

Q.学生生活はいかがでしょうか。

授業の勉強はもちろんですが、入学して代アニの審査会で作品を持ち込み出版社の担当がついてからは、たくさんマンガを描いてアクション系や青春系等の作品をつくっています。空いている時間はひたすらマンガを描いて毎日腕を磨いています!

Q.あなたの思う代アニの魅力を教えてください。

最初はひたすら一人で描き進めるものだと思っていました。でも実際はクラスメイトの作品を見ることができたり、先生から指導を頂けたりすることができ、成長のスピードが速いと実感しています。やはりそこが魅力だと思います。

Q.今後の展開や将来の夢についてお聞かせください。

連載を持って有名なマンガ家になり、読者を楽しませたいです。最近は無料でマンガを読める違法サイトがありますが、業界全体の為にも自分が描いた作品に価値を感じて頂き、きちんとお金を支払って読んでくれる人を増やしたいなと思っています。

Q.これから入学される方にメッセージをお願いします。

努力し続ければ夢は叶うと思うので、良きライバルとして一緒に切磋琢磨しながら夢を叶えていきましょう!

LINE