JP

代々木アニメーション学院

JP

アニなら、
ゲーム業界で必要なスキルを
率的にすべて学んでいける。

ゲームプログラミング科2年 田村 洵弥

ゲームプログラマーとして働き、
将来は一人でゲームをつくれる人になりたいと話してくれた田村さん。
入学までの経緯や代アニの魅力、
将来のこと等を幅広く語って頂きました。

Q.ゲームをつくることに
興味をもったきっかけを教えてください。

小学生の時にプレイしたゲーム『サバイバルキッズ』に衝撃を受けたことがきかっけでゲームに興味を持つようになり、その面白さにどんどんハマっていったのを覚えています!プロゲーマーやゲーム実況者になりたいと考えたこともありましたが、飽きずにプレイを続けられる自分好みのゲームをつくりたいと思い、ゲームプログラマーをめざし始めました。

Q.代アニ入学までの経緯を教えてください。

高校卒業後すぐにゲームをつくる仕事に就こうと思いましたが、何から始めて良いのか分からなくて。途方に暮れていたところに母が代アニの資料を持ってきてくれました。代アニの先生に話を伺いにいくと、「ここは何も分からない、ゼロから始める人がいっぱい来るところだから大丈夫」とおっしゃって頂けたので、安心して入学を決めることができました。

Q.ゲームプログラマーの面白いと感じるところを教えてください。

ゲームプログラマーはイラストや音、3Dモデルにアニメーション等の素材を組み合わせて最後にまとめる仕事です。ゲームが組み上がっていくのを間近で見ることができるので、手応えを感じられて面白いです!いつも「今ここまでできているな」、「あと少しで完成だな」とわくわくしながら作っています。

Q.印象に残った授業の内容を教えてください。

授業の中で大変だったのは、戦艦で敵を撃ちポイントを競うゲームをつくったことです。船の動きに合わせて波の揺れや泡を追加する等、細部のクオリティにまでこだわり抜いたので、授業以外の時間も使って一生懸命に取り組みました。

Q.学生生活はいかがでしょうか。

クラスメイトはゲームが大好きな人ばかりなので、専門的なゲームの話もできて楽しいです。このゲームについてこう思う、といった議論もできるので自分の考えが深まり、とても充実した生活を送れています。

Q.あなたの思う代アニの魅力を教えてください。

1つ目は、高価な機材やソフトを自由に使える環境です。2つ目は代アニのサポート力の高さです。先生たちはゲーム業界に顔が広いので、就職活動でも手厚くサポートしてもらえます。授業で分からなかったところをチャットツールで気軽に質問できる等、先生と学生の距離の近さも魅力だと思います。

Q.今後の展開や将来の夢についてお聞かせください。

まずはゲームプログラマーとして働いて、ゲーム業界の様々な人と関わりながら自分のスキルをさらに成長させていきたいです。将来は自分だけでゲームづくりから発売までできるようになりたいと考えています。絵を描きモデリングをして、音をつくる。このすべての作業を一人でできるようになることが目標です。

Q.これから入学される方にメッセージをお願いします。

ゲームをつくる仕事がしたいけれど、何をすれば良いのか分からない、自信がないという人にこそ入学して欲しいです。ゲーム業界に精通している先生が道をつくってくださるので、ゲーム業界で通用するために必要なスキルを効率良く身に付けることができます。先生が全力でサポートしてくれる場所なので、やる気があれば大丈夫です!

LINE