JP

代々木アニメーション学院

JP

通の好きなものについて、
ことん話し合える
仲間と出会えた。

アニメ監督・演出科1年 三好 生朗

同じものを好きな学科の仲間に刺激を受けながら
楽しく学んでいる三好さん。
入学までの経緯や代アニの魅力、
将来のこと等を幅広く語って頂きました。

Q.アニメや演出に興味をもったきっかけを教えてください。

中学生の頃に友だちがアニメ『暗殺教室』等をよく観ていて、そこからズブズブとアニメにハマり、様々なジャンルの作品を楽しむようになりました。高校生の時に観た山田尚子監督の『たまこラブストーリー』の演出が面白いなと思ったことがきっかけでアニメの裏側に興味を持ち始め、自分も誰かに感動してもらえるようなアニメをつくりたいと思いました。

Q.代アニ入学までの経緯を教えてください。

高校生の時は進路についてとても悩んでいました。アニメは仕事ではなく趣味として楽しんだほうが良いのかなとも思いましたが、「やっぱりアニメの仕事がしたい」と考えて、学校調べをスタート。代アニの卒業生には武本康弘さん等憧れの監督がたくさんいたので、その方たちと同じ環境で学びたいと思って代アニへの入学を決めました。

Q.体験入学のことを詳しく教えてください。

まず感じたのが「楽しい!」ということです。現役のアニメーターの先生からお話を聞けたり、他の学校では体験できないようなことばかり体験できてずっとわくわくしていました。

Q.演出の面白いと感じるところを教えてください。

同じ内容でも演出の仕方を少し変えるだけで、作品が別物になるところです。「どうしたら面白くなるのか」と追求している時が一番楽しいです。知識が増えていく度に、私生活で観ているアニメへの目線も変わってくるので、自分の成長を実感しています。

Q.印象に残った授業の内容を教えてください。

授業全端でパソコンの作業が多く、入学前までパソコンに不慣れな私は苦戦していました。でも、わからない事を一つひとつ解決していくと、アニメのキャラクターがスムーズに動いてくれたり、思ったような動作をしてくれたり結果が見えるので、やりがいを感じられます!

Q.学生生活はいかがでしょうか。

同じ制作班のメンバーとお互いに相談し合ったり楽しく過ごしています。好きなことが「アニメ」で共通しているので話が弾みやすく、「やっと話し合える仲間がいたな」と、うれしい気持ちになりました。

Q.あなたの思う代アニの魅力を教えてください。

専門的な内容を学べるのはもちろんですが、授業を通して実際の現場をより身近に感じられるのが良いところだと思います。また他の学校と比べて学科の数が多く、アニメ制作で必要な横のつながりを学生時代から持ち、広げていけるのも魅力です。

Q.今後の展開や将来の夢についてお聞かせください。

思い悩んでいた中学生の時にアニメ映画『聲の形』に出会って、自分と主人公の心情がリンクし、気持ちが救われた経験があります。だから将来は、悩みを少しでも解決できたり、「あの時、助かったな」と、その人の思い出に残るような作品をつくりたいです。アニメ制作会社へ入社しようと考えていますが、その為に自分がやることは演出なのか撮影なのか、何なのかはこれからの授業の中で見つけていけたらなと思っています。

Q.これから入学される方にメッセージをお願いします。

人生の大きな転換点となる選択に不安を感じる人もいると思います。でも自分が好きなことを集中して学ぶことは、きっと今後の人生をより豊かにしてくれますよ。「自分がやりたいこと」、「自分が好きなこと」ということは貫いた方が良いと思います。入学したらぜひ一緒に助け合いながら頑張っていきましょう!

LINE