JP

代々木アニメーション学院

JP

アニなら一歩踏み出す勇気と、
業に食らい付く気持ちがあれば
夢に手が届く!

アニメーター科2年 尾関 華

夢を諦められず会社員時代を経て代アニへ入学し、
夢へ向かって精力的に活動する尾関さん。
入学までの経緯や代アニの魅力、
将来のこと等を幅広く語って頂きました。

Q.アニメーターをめざしたきっかけを教えてください。

幼い頃から絵を描く仕事をしたいと考えていましたが、イラストレーターやマンガ家等、絵を描く仕事は多様にあったので一つに決められず大学卒業後は会社員をしていました。でもそんな時、アニメ『ハイキュー!!』の引き込まれるような画面づくりやキャラクターの一人ひとりを魅力的に表現している演出に感動し、「アニメを観るのではなく作りたい!」と強く思いました。

Q.代アニ入学までの経緯を教えてください。

アニメーターの勉強ができる学校をインターネットで調べている中で代アニを見つけました。さっそく体験入学に参加して明るく活気あふれる雰囲気を感じ、入学を検討。職員の方や先生方が、私の悩みが晴れるように親身に話を聞いてくださり、「代アニなら夢への後押しをしてくれる」と入学を決意しました。

Q.体験入学のことを詳しく教えてください。

ボールが跳ねるアニメーションのつくり方を習いました。実際に自分が描いた絵が手元で動いていることにとても感動して、帰宅後に何度も同じアニメーションをつくったのを覚えています! 個別相談の場があったのですが、職員の方がアニメーターの先生を呼んできてくださり、悩みが解消できるまでたくさん話を聞いて頂けました。

Q.アニメーターの面白いと感じるところを教えてください。

先生方がよくおっしゃっている「アニメーターは役者であり、カメラマンである」という点が面白いところだと思います。学べば学ぶほど、アニメーターの担う役割の大きさが分かってきました。キャラクターはどんな性格なのか、今考えていることは何か、それをどのような行動で表すのか。これらを考えている時に、キャラクターに魂を吹き込んでいるなという実感があります。

Q.印象に残った授業の内容を教えてください。

アニメ監督・演出科とアニメーター科の学生が合同でショートアニメをつくる授業です。プロップデザインや作画監督の一人として参加しましたが、授業で学んできたことを実際に出力することの難しさや、大勢の人の手を渡り1本のアニメを制作していくことの大変さを感じました。その分、アニメが完成してクラスのメンバーと視聴した時の感動はひとしおでした!

Q.学生生活はいかがでしょうか。

他校舎の学生や卒業生たちも含め、たくさん人の作品を見る機会が多々あるので、いつも良い刺激を受けています。授業が終わると「早く帰って絵を描きたい!」と足早に帰宅します。また、授業中は積極的に先生に絵を見て頂き、自分では気づかなかった癖や改善点等を教わっています。自分の絵と逃げずに向き合いながら試行錯誤を繰り返す、とても充実した毎日です。

Q.あなたの思う代アニの魅力を教えてください。

段階を踏んで学んでいけるように考えられたカリキュラムと長年にわたり蓄積された就職活動のHOW TO、そして何より真摯に絵のチェックや相談を受けてくださる先生方の存在です。体制が整っているので、授業や課題に一生懸命取り組んでいるうちに自然と様々な知識が身に付く感覚には、いつも驚かされています。

Q.今後の展開や将来の夢についてお聞かせください。

「あの人と働きたい」と思ってもらえるような、コミュニケーションを大切にして仕事を行えるアニメーターをめざしています。また、作画監督になることを目標としていますがゆくゆくは演出の方にも進み、自分のイメージをしっかり発信していけるアニメーターになりたいと考えています!

Q.これから入学される方にメッセージをお願いします。

一歩踏み出す勇気と、授業に食らい付く気持ちがあれば夢に手が届く場所だと実感しています。不安なこともたくさんあると思いますが、「やらない後悔よりやって後悔」の気持ちで思い切って入学してみて欲しいです!

LINE