アニメ学部在校生、広報部による編集の新聞創刊!学生目線の旬な情報満載!

2019.10.29

代アニ生が聞いてみた!
”代アニに来るまで何してた?”

担当 真実(マコト)

代アニに進学しようと考えているあなた!入学からまず一つの課題にぶつかりますよね。そう、「友達できるかな…」と。私自身も思っていました。ドキドキでした。
誰かに相談するほどでもないと思いますが、どんな人が代アニに来るか少なくとも気にはなりますよね!
そこで今回は音響科一年生のみんなに協力を依頼し、代アニに来るまで何をしていたのかを聞いちゃいました!
まずはクラスの頼れるお兄さん白石くんです!
彼は以前はとある芸術大学で舞台の音響を学んでいた、クラスでは数少ない音響経験者さんです!
大学時代の友人にアニメを勧められて好きになり、アニメ音響に興味を持ち、代アニに来ることを選んだそうです。舞台音響の基礎を学んでいたため、やはり知識の量が全然違うので教えてもらえることが多くてみんな助かっています(笑)

次回!!「一番年上でクラスの中では唯一の新聞奨学生の井上くんの話を聞きました」お楽しみに♪

 


 

【地方住み必見】
代アニ地方出身一人暮らしの1日

担当 アニメ学部音響科1年生 19歳 男性

こんにち〜〜〜わんこそば〜!!!!
岩手県出身の音響科1年、いわはなと申します。

東京近郊に住んでる方はもうブラウザバッグしても構いませんが、本記事は代々木アニメーション学院に進学するにあたって一人暮らしを考えている方へ向けた記事となっております。まぁ参考になるかはわかりませんが、「こういう生活を送ってる人がいるんだあ」となっていただければ幸いです。東京近郊の人でも目を通してくれてもいいんだからね!!///
まず、僕の生活パターンは大体二種類になります。バイトある日とバイトのない日。まずアルバイトのある日から説明しましょう〜
上記のグラフが大体のバイトのある日の生活パターンになります。ちなみにアルバイト先は借りているアパートの近くにある某ファストフード店で、「いらっしゃいませこんにちは〜」したりハンバーガーをつくったりしてます。働いてる人も同じ年代なので居心地も良く、大変ですがなんとかやれてます。僕は昼間クラスなので閉店の時間まで働いても意外に寝れるので、アルバイトの時間もしっかりと確保できていて(金銭的にも)まぁ生きながらえていますね。
食事に関してはアルバイトある日はあまり時間に余裕がないので即席麺やスーパーで買ったおにぎり、また社割でハンバーガーを食べたりなど自炊はほとんどできていません。良く聞こえるように言うと時短テクです。えへへ。まぁでも1回も体調崩してないしへーきへーき。

次回は「アルバイトのない日」こうご期待!!

アニメーター科

「授業『キャラクターデザイン』って?」

キャラクターデザインという言葉でもイラスト、マンガ、アニメ…と求められる「絵」や「作法」は変わってくるのです!授業でアニメーターとしてのキャラクターデザインを学んだ経験から将来キャラクターデザイナーになるのも夢じゃない!在学生だったすしおさんや田中将賀さん、浅野恭司さんもこの勉強してたのかな~


アニメ背景美術科

「授業『真っ白い紙に世界を創造する!!』」

真っ白な紙に絵具で風景を創り出す!!
アニメ背景美術科は、キャラクターの生きる世界、場所を生み出します。今日の1年生の授業は、ポストカラーと呼ばれる特殊な絵具を使用したアナログ背景です。
真っ白な紙に一つ一つ風景が出来上がっていきます。


就職おめでとう!!

アニメ学部就職決定者第一号!!
アニメ製作会社へ内定決定

アニメ監督・演出科 2年  齊藤 克紀

現在、卒業作品制作アニメでプロデューサーを担当させていただいています。アニメ監督演出科2年の齊藤 克紀と申します。アニメ学部全科と一緒に制作する難しさと楽しさを勉強させてもらっています。将来も同様にプロデューサーを目指しており、授業で学んだ知識や技術を活かし、現場でも活躍できる人材になりたいと思っています。志しをもって将来の道を歩んでいけば自ずと夢が近づいてきます。それが今回の内定だと思っています。
同じ志しを持った仲間とここで出会い、将来は同じアニメーション作品でお仕事ができる日を楽しみにしています。 アニメ監督演出科2年の仲間たちも、そして学院も認める「フリー素材w」、齊藤 克紀をいつか…アニメのオープニングクレジットで見つけてください!!!

こんにちは〜!音響科1年の杵渕と佐久間です。今日は音響科1年生の中でもオシャレな大野くんに、ファッションのポイントについて聞いてみました。身長も高くてスタイルがいいので、何を着てもオシャレに見えるのが羨ましい・・・。
まずは、全身から!

この写真を撮影したのが、秋なので秋ファッションでいいですね。シンプルな組み合わせでストライプも映えます。

大野くんのお気に入りポイント!差し色の靴下!差し色としてインパクトがありますね。おしゃれは足元からとも言います。私たちもこんな差し色に挑戦してみたいです。これからの私服生活に悩んでいるそこのあなた!ぜひ参考にしてみてください。
それでは本日はこの辺りでさようなら〜


さあ挑戦してみよう!
体験入学参加で
プロが添削します!

アニメーター練習!アニメはキャラ表を元に、そっくりそのまま描く事が出来なきゃいけません!下の絵を、別の紙に、そっくりそのまま同じように描いてみよう。
※ます目を元に、ます目と絵の比率を参考にして描いてね!

みんなが気になるアニメーター科の講師のあんなことやこんなことを紹介するゾッッt!!

アニメーター科 講師 竹本 直人
取材/イラスト・文:西岡怜伽・名取勇紀

学生: 趣味は何ですか?
竹本 : 映画鑑賞とNBA鑑賞です。

学生: 悩みとかはありますか?
竹本 : 最近、白髪が増えたこと・・・

学生: アニメーターになった経緯を教えてください。
竹本 : アニメが好きだったからです。

学生: アニメーターになって良かったことは?
竹本 : プロの人と仕事が出来たことです。

学生: アニメーターを目指す人たちへ一言!
竹本 : 今、悩むな!業界に入ってから悩もう!

学生: ありがとうございました!!

気軽に質問しやすくて、話しやすい先生だよねー。 ええ、そうね。みんなの良い所と直す必要があるところをしっかり教えてくれるわね。


卒業生コラム

大町義則氏 アニメ製作(演出助手)
「夢を追いかける」

皆さんには将来の夢がありますか?「夢」を追いかけている人はとても輝いていますよね。そんな人達を羨ましいと思ったことがありませんか?  ではその「夢」が何であったとしても「夢」をかなえた人は何を考えているのかを考えてみたことはありますか?皆さんが考える「夢」=「職業」だとしても、それが叶ってその「職業」を続けている人達は何を見て何を考えているのかを感じてみることはとても大切なことです。

つづく

編集後記

どうも今回記事を担当した1人の、台風等の低気圧の影響で頭を痛くしているアニメ音響科1年の真実(マコト)でございます。先生からの提案で始まった広報企画を楽しく緩く書かせて頂きました(笑)私は公式サイトには載っていないちょっと気になるアニメ・ゲーム学部学生目線の日常的な記事を発信していきたいと思っております。皆様に気軽に楽しく見てもらえることを願っております!以上、真実からでした。

戻る

TOP