電話でのご相談10:00~20:00(日・祝除く)

フリーコール 0120-310-042

学部・科 代アニ通信 学校情報 学生作品 入学案内 体験入学/イベント お問い合わせ

イラストコンクール 2014年-春-

学内イラストコンクール

学内イラストコンクール2014年:春 受賞者決定!

「学内イラストコンクール2014 春」の受賞者が決定しました。

グランプリ:柳田さん
準グランプリ:阿部さん、田中(P.N)さん

グランプリを獲得した柳田さんにはギフトカード1万円分、準グランプリを獲得した阿部さん、田中(P.N)さんには5千円分をそれぞれ送らせて頂きます。
代々木アニメーション学院「ギャラリー」では惜しくも受賞を逃した優秀作も掲載していますので、ぜひご覧ください。

グランプリ

イラストコンクール2014年春 グランプリ作品
札幌校キャラクターデザインコース 2年 柳田さん『ひなたぼっこ』

グランプリ 受賞者コメント

最終選考に残った時にすでに大喜びをしていたので、まさかグランプリに選ばれるとは思ってなかったです。嬉しいと同時にビックリしました!
結果を聞いた時に周りにたくさん友達がいて、みんな一緒に喜んでくれたのでより嬉しかったです!
今回は「背景をしっかり描きこむ!」事と、「最初に思い描いたイメージ通りの作品を作る!」という目標を持って、春休み前からアイディアを練ったり、先生に相談をしたり、ラフをチェックしてもらったり、計画的に進めていた作品でした。
自分の中で納得できるくらいまで背景やキャラクターを描き込み、最初に思い描いたイメージに近づく事ができたと思います。
今見るとまだまだ反省点は多いですが、今までで一番がんばった作品をこんな風にグランプリに選んでいただけて幸せです!
春休みずっと付き合ってくださった先生や、私の絵にアドバイスしてくれたクラスメイトのみんなに感謝してます!
ありがと~う!
この結果を糧に夏も頑張ります!

札幌校キャラクターデザインコース 2年 柳田さん『ひなたぼっこ』

先生からのアドバイス

イラストにおける重要な点は、見る側に描き手と同じイメージを抱かせることと、そのシーンの『空気感』を感じさせること、という点が重要になります。
この作品では、キャラクターや動物、背景の陰影をあまり強くせず、優しいタッチで光が表現されており、森林独特の静けさ・涼しさだけでなく、木漏れ日による暖かさが伝わってくる、テーマに沿った良いイラストに仕上がっています。
また暗い印象の森の中で、画面奥にも木漏れ日を差し込ませることで明るさを持たせ、暖かい空気感を損なうことなく描かれているのは素晴らしいです。
印象が弱くなりがちな目高の構図ながら、全体をしっかりと描くことで情景が伝わる表現がなされており、手前から奥に向けて広がりを持たせる事で、画面を覆うような大樹があっても圧迫感を感じさせない構図となっています。
また近景から遠景へと描き込みに変化をつける事で、遠近感を上手く表現してあり、イラストの世界観に引きこまれる魅力的な作品となっています。
次回作でも情景が伝わる作品が観られる事を楽しみにしています!

鹿島

準グランプリ

イラストコンクール2014年春 準グランプリ作品
仙台校 マンガ・イラストコース 阿部さん『迷える子羊』

準グランプリ 受賞者コメント

この度は準グランプリという自分にはもったいない賞をいただき、ありがとうございました。
先生から受賞の知らせを聞いた時は大変驚きましたが、とても嬉しいです。
今回のイラストは、小物や色の意味を考えながら描いてみました。
例えば、後ろの石はクリスタル、十字架についている青い石はアズライト(のつもり)で、宝石言葉を意識してみました。興味のある方は調べてみてください。
今回の反省点は、背景に奥行きが無いのと、羊の角がわかりにくくなったことです。
題名が「迷える子羊」なので、なんとかこの女の子が羊であることが分かりますが、キャラクターだけを見たら、ただの角っ娘ですね。
次回はもっとテーマが伝わるような、良いイラストが描けるよう精進したいと思います。

仙台校 マンガ・イラストコース 阿部さん『迷える子羊』

先生からのアドバイス

緻密な描き込みと、抜きのバランスが凄く良い作品だと思います。うるさくなりすぎないよう、わざと描き込みの少ない部分を作ることで効果的に目立たせることが出来ていますね。また影の描き込みなどを抑えているのに、しっかり服の下のポージングを連想させるような描き方はとてもすばらしい点です。モチーフとキャラクターの配置や、キャラクターの表情からいろいろな物語が伝わってくる部分も好感を持てます。キャラクターの愛らしさと爪の凶悪さの対比がより物語を伝わりやすいものにしているなど細かな工夫がなされている部分も良いですね。テクスチャーの使い方、効果も使い方も丁寧で凄く面白い表現が出来ていると思います。色味を考える際に捕色を使いこなせるようになると、もっとインパクトのあるイラストに変えていけると思います。これからも頑張っていってください。

桑田

イラストコンクール2014年春 準グランプリ作品 2
名古屋校 キャラクターデザインコース 田中(P.N.)さん『春』

準グランプリ 受賞者コメント

今回、自分の絵が入賞した事をを知り、とても驚きました。未だ現実味が無く実感が湧きません。
自分の絵は未熟な点が多く、まだまだ不勉強で今回描いた絵も反省点がとても多いです。
どうしても絵に立体感を持たせる事が苦手なのでいつも苦戦しています。
今回描いたイラストは全体的に黄色っぽくしましたが、いつも配色がごちゃつきがちで中々統一感を出すのが難しく、まだまだ勉強する事は多いと感じております。
いつも動きの少ない絵になってしまうので、アクションの多い絵も描くようにしようと新たな課題が出来ました。
今後の抱負として、自分は1枚の絵を完成させるのが遅いので、効率よく時間短縮しもっといい絵が描けるようになりたいです。
そのために沢山デッサンやクロッキーを更に頑張りたいと思います。
上手く描けずに泣く事も多いですが、そんな自分の絵にもいいと言ってくださる方がいるのだと勇気づけられ、ありがたいと感じました。
この事を励みにもっとより良いイラストが描けるよう精進したいです。

名古屋校 キャラクターデザインコース 田中(P.N.)さん『春』

先生からのアドバイス

光あふれる空間と、花と少女のみずみずしさがとても美しいです。
カラフルに見えますが、色調が整っているので、統一感がありますね。
黄色身がかかった光に対して、反対色の紫がかった色を影に差したことで、ペタッとせずに、存在感、空気感を演出できました。
背景から頭の飾り、肩、左右の目と、大きな渦巻きにのっとって構図がとられており、見事です。
顔周辺の描きこみに比べると、肩や手、リンゴの描きこみが足りません。しっかりと実物を見て、デッサンを繰り返すことで、人体の柔らかさ、骨の位置、筋肉の盛り上がりの理解が深まります。お花は資料を見て描いたのでしょうか?とてもよく観察できていますね。同様に、描きなれた体であっても、わからなくなったら、資料や、自分の体を見て描くと、より写実的に表現できます。遠回りに見えますが、デッサンはとても大切です。在学生のみなさまも、在学中にしっかりとデッサンに取り組んでくださいね。

松丸

他のイラストコンクール


資料をご希望の方はこちら【代アニメージュ2017年4月度版】