電話でのご相談10:00~20:00(平日)

フリーコール 0120-310-042

学部・科 代アニ通信 学校情報 学生作品 入学案内 体験入学/イベント お問い合わせ

YOANIコンペティション2016-冬-

YOANIコンペティション

「YOANIコンペティション2016冬」は、前回の開催時よりも部門を増設しての開催となりました。
学年を越えて競い合い、今回は1年生からも多くの受賞者を輩出しました。
学生たちの努力の成果をぜひご覧ください!

イラスト部門グランプリ

YOANIコンペティションイラスト部門グランプリ作品
YOANIコンペティションイラスト部門受賞者

イラスト部門グランプリ 受賞者コメント

この度は、素晴らしい賞を頂けて大変光栄に思います。
日頃あまり1枚絵を描かないので、久々に1つの作品に集中することができてとても楽しかったです。いつも1つの色味に偏りがちなので、今回の作品ではイラスト全体に華やかさを出すため、色彩豊かに仕上げることを意識しました。
ただ、見直してみると気になる箇所がまだあるので、次回はもう少し時間を掛けて仕上げられるように早めに取り組んでいきたいです。
またデッサン部門の松隈くんとは同じクラスなので、次回はデッサン部門でも負けないように頑張りたいと思います!

佐藤 聖菜さん

先生からのアドバイス

応募総数139作品の中で、最も描き込みの密度とオブジェクトの完成度が高いことがグランプリに選出した理由です。
作者が好きな小物をたくさん配置するタイプのイラストはこれまでのコンテストでも多く見られ、そのほとんどが全て正面を向いている遠近感のない平坦なイラストでした。佐藤さんの作品はどこを見ても奥行きが感じられる構成になっており、とても魅力的でした。
次回作では5W1Hが決められたシーンイラストも見てみたいです。

デッサン部門グランプリ

YOANIコンペティションデッサン部門グランプリ作品
YOANIコンペティションデッサン部門受賞者

デッサン部門グランプリ 受賞者コメント

時間を掛けて描くことが苦ではないので、デッサンは得意でしたが、今回努力してきた成果がこのような形で認められることは大変うれしいです。
同じクラスの佐藤さんはカラーイラスト部門でグランプリを取っていたので、次回はカラーイラスト部門でも佐藤さんに負けないよう、結果を出すために頑張ろうと思います。
目指せ二冠達成です!!

松隈 勇樹さん

先生からのアドバイス

ブルータス像が持つボリューム感がしっかり表現出来ている、完成度の高い作品です。
惜しい点は口元部分の描写で、実際の像とは違って彫り込みが深くなっています。
頭部はミケランジェロがほぼ未完成のまま仕上げた像なので、若干違和感があります。
(顔から下は弟子が仕上げているため、彫刻が繊細です)

マンガ部門準グランプリ

YOANIコンペティションマンガ部門受賞者

マンガ部門準グランプリ 受賞者コメント

今回まさか受賞できるとは思わず、とても嬉しく思っています!
この「人外と女の子」という数少ないジャンルで、こうして形で残せたことは感無量と言っても過言ではありません。
次はこの作品よりも良いものを作り上げようと思います!!

倉本 香織さん

先生からのアドバイス

倉本さんの作品には独特の空気があります。
その中で明るく抜けた感じのヒロインと、紳士的だけど本心を隠したマスターのキャラをきちんと伝えられている点が受賞の決め手です。
これからこの二人の関係がどうなっていくのかが気になりますね。
作画に関しては全体的に粗さを感じます。
特に背景が入っているコマは人物が埋もれてしまっているので、ペン線や、仕上げの色味も含めて完成形をイメージしながら丁寧に描いていきましょう。

YOANIコンペティションマンガ部門受賞者

マンガ部門準グランプリ 受賞者コメント

受賞できてとっても嬉しいです。
まさか自分なんかが取れるとは思いませんでした。
私なんかがね!私なんかが!
嬉しいです。
色んなところ頑張りました!
顔長く描くの苦手だったので、まぁまぁ時間かかりました。
はー、頑張った頑張った。
イケメンて難しいですね!
グランプリ取れなかったの悲しいですけど賞金も貰えたので嬉しいです!
ありがとうございました!

米原 捺美さん

先生からのアドバイス

ひたすらポジティブでめげない主人公と、やけにバイオレンスで口の悪いヒロインが3ページで見事に表現できています。
テンポの良い会話も米原さんの作品の魅力です。
作品の中でどういう二人なのかがわかりやすいという点が評価のポイントでした。
「イケメン」と称している以上、説得力のある作画が必要です。
この「残念なイケメン」をより魅力的に描き切るために、キャラの作画、演出を磨きましょう。
これからの作品に期待しています。

ノベル部門グランプリ

YOANIコンペティションノベル部門受賞者

ノベル部門グランプリ 受賞者コメント

この作品は初めて、プロットから編集者の先生達と相談しながら作りました。
悩んだことも多かったですが、グランプリに選んでいただけてとても嬉しく思います。
これからも、書いている時に自分が楽しくなる作品を目指そうと思っています。

市川 可奈さん

先生からのアドバイス

最近、創作の世界では、あらためて各国の神話や神様、歴史上の偉人、伝説・妖怪といった存在が注目を集めています。
そういった教養を自分でどのように取り入れ、どんなキャラクターが何を考え何をするのかを考えるのが、オリジナリティの大事な要素です。
今回のグランプリ作品は、お蕎麦というアイテムを通し、神様と人間の両キャラクターが、葛藤を経て変化するエンタメ感のあるストーリーと、丁寧な文章力を評価しました。

サウンド部門グランプリ

YOANIコンペティションサウンド部門受賞者

サウンド部門グランプリ 受賞者コメント

この度はサウンド部門のグランプリを頂くことができ、とても嬉しく思っています。
昨年同じ部門で準グランプリを頂いた時から、今年こそはグランプリを取ることを決めていました。
今回の作品「BluesTime」は何個か出した作品の中で一番新しく、一番力を入れたので正直嬉しいです。

作る時に一番意識したのが、楽しく飽きさせない曲を作ることでした。
規則性がなく、無差別に楽器を鳴らし、理論にとらわれすぎずに、自分の思いのままの作品を作る。
この曲のテーマは”楽しい喧嘩”になっています。
一つ一つの楽器に”俺が一番楽しんでいる”と言わせて、それを一つにまとめることにより、より楽しい曲を作ってみました。
より良いものを作るためにはそんな喧嘩があってもいいのではないのか、という気持ちで作りました。

今後広い音の世界で良いものを作るために、”楽しい喧嘩”をしつつ頑張っていきます。
ありがとうございました。

高橋 心さん

先生からのアドバイス

タイトルにあるブルースをテーマに内容を決め、渋い曲をしっかりと表現できています。
各パートに分かれている楽器の使い方が上手いです。
DTMの打ち込みが上手になればもっと良くなりそうです。
また、見せ方をPANなりEQなりでもう少し整理できたら各段に良くなります。
これからに期待しています。

造形部門グランプリ

※受賞作品は版権の関係上掲載なし

YOANIコンペティション造形部門受賞者

造形部門グランプリ 受賞者コメント

この作品は就職活動のために制作したもので、ワンダーフェスティバルでも販売いたしました。
この度は素晴らしい賞をいただき、誠に光栄です!
この作品はアニメ版のキャラクターを意識して立体化しました。
立体化するにあたり講師の先生方や、卒業生の方々にもアドバイスいただき、ファンの方にも納得いただける助六さんに仕上がるよう頑張りました。
これからも引き続き精進し、キャラクターの魅力を表現できるよう頑張ります。

荒武 沙知さん

先生からのアドバイス

難しいポーズを題材にしていますが、破綻なく形を捉えている点が高評価となりました。
更にアニメーションの映像から感じさせる「柔らかな」イメージを立体で再現するのは非常に難しく、 そのイメージを崩さず立体化し、塗装でも再現出来ている点もとても素晴らしいです。

舞台部門グランプリ

YOANIコンペティション舞台部門受賞者

舞台部門グランプリ 受賞者コメント

今回こんなにも素敵な賞を頂けて、身に余る嬉しさでいっぱいです!
演技経験0で抱えきれないほど大きな夢と野望を持って入学した私でしたが、 2年間の学院生活でここまで成長できたこと、夢が目標に変わり現実味を帯びていったこと、とても幸せに思います。
この大きく大切な賞も私の中の強いバネにして、更に高く飛べるようこれからも努力してゆきます! 本当にありがとうございました!

山田 美早希さん

先生からのアドバイス

声が聞き取り易く、演技も活き活きと演じている姿に好感が持てます。
歌も安定感があり、演技、歌の両方での評価が高かったです。今後の活躍が楽しみです。

YOANIコンペティション舞台部門受賞者

舞台部門グランプリ 受賞者コメント

このような栄誉ある賞をいただき光栄に思います。
まさか自分が受賞するなどとは思ってもみなかったので、この一報を受けた時理解ができず呆然としていたのを覚えています。
私が演じた居酒屋の大将は自分との年齢差が大きかったのですが、個性的な役で演じていてとても気持ちの良い役でした。
この役を演じることができ、そして賞をいただけたことはとても嬉しく、この経験をこれからの役者人生に活かしていきたいと思います。

田原 宜英さん

先生からのアドバイス

年齢の割に落ち着いた演技が高評価でした。
役柄の表現の甘さはありますが、声に安定感があり素直な演技に好感が持てます。
今後は、田原くんならではの「個性」をさらに磨いていってください。

ナレーション部門グランプリ

YOANIコンペティションナレーション部門受賞者

ナレーション部門グランプリ 受賞者コメント

今回はこのような賞を頂き誠に嬉しく思います。
自分には何が足りないのか、何を伸ばしたら良いのか。
発想力・演技力やアピール力が大事だと思い、正にナレーションに力を入れようとしていました。
そんな最中、頂いた賞なのでとてもこれからの励みになります!
学校生活、残りあと一年となりました。
精進して精進して挫折してドン底に落ちて踏みつけられながらもしがみ付き、きっと素晴らしい声優になるんやって事をここに宣言します!!

鹿嶋 剣志郎さん

先生からのアドバイス

グランプリおめでとう!
響きのある声で、ナレーションに描かれている世界にいざなっていけるものはお持ちだと思います。
ただ、声に特徴のある方はそこに頼りすぎる傾向があるので、より中身のある読みを心掛けてください。
なにより大切なのは、「伝える」ということなのですから。さらなる精進を!!


資料をご希望の方はこちら【代アニメージュ2017年4月度版】