熱中できるものは何か。辿りついたのがアニメ。

生き生きと過ごせていると実感できる。

アニメ監督・演出科1年 𠮷野 優作

大学では将来の目標を持つことができずに中退。「熱中してやれることは何か」と考えて辿りついたのがアニメだと語る𠮷野さん。
代アニ入学までの経緯や、フィギュアの魅力、将来のことなど幅広く語っていただきました。

Q.アニメ監督や演出家に興味をもったのはいつですか?また、そのきっかけを教えてください。
中学生の頃からアニメにのめり込むようになり、高校生の頃になるとエンドロールに流れる名前を気にして見るようになりました。凄いと思った回は、同じ方が関わったりしていたこともありました。気になった方をネットなどで調べたりしているうちに、ちょっと違った視点でアニメに関わるのも面白そうだと思うようになりました。
自分も凄いと思う作品を作りたいという気持ちが高まっていき、監督や演出家を目指すようになりました。
Q.代アニ入学までの経緯を教えてください。
インターネットで調べてみると、監督や演出を学べる学校は、1年目は他の学科と同じ授業を受けるところが多かったんです。代アニはカリキュラムを見て、1年目から特化して学ぶことができると感じました。また、多くのクリエイターを輩出していることが分かり、魅力を感じていました。その後、体験入学に行き、代アニだったらしっかりと学ぶことができると感じ、入学を決めました。
Q.監督や演出の面白いと感じるところを教えてください。
全体を見たり、まとめるところが面白いです。実習でもまとめ役になる経験ができています。いろいろな考え方や性格の人がいるなか、グループ全体で作品に対して乗り気になるようにすることが大事だと思います。「気持ちが入る」ことは作品づくりにリンクします。そうしてできた作品が面白いものになったときが、とても嬉しいです。

作品は関わった方の合わせ技。僕は、クリエイターの個性を活かした作品が好きです。演出家や作画監督など、それぞれの個性が凄くでて、尖ったところを活かす作品作りをしたいと思っています。
Q.学校生活はいかがですか?
実は大学を中退してから、代アニに入学しています。大学では将来の目標を持つことができず「熱中してやれることは何か」と考えて辿りついたのがアニメでした。
代アニへの入学で人生が変わりました。大学時代はなんとなく過ごしていて、ゆったりした時間を過ごしていました。代アニではあっという間です。大変なこともありますが、生き生きと過ごせていると感じます。大きく世界が変わり、日々とても充実しています。
Q.あなたの思う代アニの特徴を教えてください。
最新のアニメ業界に近いところだと思います。現場で活動されていた方から直接教われますし、現場で活躍している卒業生の方とお会いする機会もあります。インターネットでは知ることができない、生の情報を知ることができます。また、就職のサポートが手厚いところも特徴の1つです。
Q.今後の展開や将来の夢についてお聞かせください。
学ぶことに終わりはないと思います。監督や演出には学ぶことがたくさんあります。制作会社に就職し、制作進行として経験を積み、30才までに演出家としてデビューを目指しています。
Q.これから入学される方にアドバイスがあればお願いします。
チャレンジしないと始まらないと思います。僕は代アニへの入学で大きく人生が変わりました。大学中退や上京など、不安なこともありましたが、勇気を出して踏み出してみてよかったと思っています。
「熱中できることに取り組みたい」と思っている方は、是非、勇気を持って踏み出して欲しいと思います。
インタビューTOPへもどる