JP

代々木アニメーション学院

JP

ームは人生の一部。
々な作品づくりに携わる
プランナーになりたい。

ゲーム総合科2年 小暮 悠

同い年よりも早く業界へ入る為に
代アニの高等部でスタートを切った小暮さん。
入学までの経緯や代アニの魅力、
将来のこと等を幅広く語って頂きました。

Q.ゲームをつくることに興味をもったきっかけを教えてください。

小学生の時に様々なコンシューマーゲームをしていく中で、自分でもつくってみたいと思ったことがきっかけです。

Q.代アニ入学までの経緯を教えてください。

ゲーム業界は若い方が有利なので、代アニの高等部を選びました。決め手は知名度と校舎の雰囲気です。他の学校も見学しましたが、パソコンが並んでいるだけのオフィスのような無機質な印象でした。代アニは特に1号館が華やかです。アニメも好きなので、自分が知っているアニメの声優さんが卒業生であることも一つの要因でした。また、他の学校はプログラミングに力を入れていましたが、私はゲームの企画書を制作するプランナー職を志望していたので、企画書制作の授業があることも魅力に感じました。

Q.体験入学のことを詳しく教えてください。

簡単なゲーム分析をしました。どんなキャラクターがどのような世界観で何をするゲームなのかをまとめて、何のゲームか当てる内容です。

Q.ゲーム総合科の面白いと感じるところを教えてください。

自分が想像したものが企画書やモデル、ゲームとしてカタチになるところです。アイディアが頭の中に止まるのではなく、企画書として文章で落とし込まれカタチに残るので魅力を感じます。

Q.授業について教えてください。

企画書の基本的な作り方、Photoshopや3ds Max®等のツールの使い方、Unityでのプログラミング等を学ぶことができます。授業の一つに全員でつくる共同制作があったのですが、皆で分担してつくるので作業の振り分けや進捗管理が難しく、苦労しました。

Q.学生生活はいかがでしょうか。

自分が好きなことを学んでいるので、学校に通うことが楽しみになりました。クラスには様々な年齢の人がいますが、ゲームが好きな人が集まっているので、年齢に関係なく同じゲームを好きな「趣味の合う仲間」として接しています!授業後や休日に秋葉原へ行ったり、ゲームセンターやショッピングをしたりして楽しんでいます。

Q.あなたの思う代アニの魅力を教えてください。

きちんとした実績のある方や現役でゲームをつくっている方が先生をしているので、授業や就職活動でとても頼りになるところが魅力だと感じます。

Q.今後の展開や将来の夢についてお聞かせください。

将来はゲーム業界に入り、RPG等の様々なゲームづくりに携わる日々を送りたいと思います。

Q.これから入学される方にメッセージをお願いします。

代アニへ来て真面目に授業に取り組めば必ず結果が出るので、途中で挫折しそうになっても諦めずに頑張って欲しいです!

LINE