JP

代々木アニメーション学院

JP

台衣装やキャラクター衣装
について学べる代アニは、
さに私が探していた学校。

衣装デザイン科1年 安達 玲奈

「舞台衣装をつくる仕事に携わる」という夢の為に、
自宅でも衣装づくりに励む安達さん。
入学までの経緯や代アニの魅力、
将来のこと等を幅広く語って頂きました。

Q.衣装デザインに興味をもったきっかけを教えてください。

昔から物づくりが好きでしたが中でも服づくりに興味があり、自分でデザインを考え服を作っていました。家には古着等がたくさんあり、また手先が器用だったこともあって、自分にとって服を作ることは身近なことだったなと思います。高校2年生の時に2.5次元舞台を観て、2次元の衣装を3次元で再現する2.5次元の世界に興味をもったことがきっかけで、衣装デザインの仕事に就きたいなと考え始めました。

Q.代アニ入学までの経緯を教えてください。

服飾を学べる学校を調べていたのですが、アパレルやパリ・コレクションといった方面のものが多かったです。ある日インターネットで、自分が高校を卒業するタイミングで代アニに衣装デザイン科があることを知りました。2.5次元の舞台衣装やアニメキャラクターの服のデザイン等、私が学びたかった内容だったので代アニへの入学を決めました!

Q.衣装デザイン科の面白いと感じるところを教えてください。

自分が思っていたよりも、かなり広い範囲でより専門的に学べるところです。幅の広いアイディアでデザインを考えられて面白いです。

Q.印象に残った授業の内容を教えてください。

実際に職業用ミシンを使ってシーチング(生地)でスカートをつくったことが一番楽しかったです!他にはPhotoshopを使用してイラスト制作や3DCGデザイン制作をしたり、芸能マネジメント科と一緒に舞台制作の授業を受けたりしています。苦労もありますが先生方は皆さん優しくて、褒められるととてもうれしいです。

Q.学生生活はいかがでしょうか。

アルバイトをしたり自宅で衣装作りをしたり、のびのび過ごしています。先生と話すことも多いのですが、先生が依頼を受けてつくられたデザインや衣装、企画書等を拝見させて頂けることもあり、日々、プロの仕事を間近に感じられています。

Q.あなたの思う代アニの魅力を教えてください。

リモート授業でのことですが、画面を通して他校舎の学生と色々な話をしながらコミュニケーションを取ることができます。また先生が積極的に話しかけてくださって、こちらからの質問にもすぐに応えてくださるのも魅力かなと思います。

Q.今後の展開や将来の夢についてお聞かせください。

舞台衣装をつくる仕事に携わることが夢です。自分のつくった衣装で役者の方々に輝いて欲しいなと思っています!今後はその夢に一歩でも近づけるように、時間を有効に使って勉強を続けていきたいです。

Q.これから入学される方にメッセージをお願いします。

皆さん強い意志を持って入学されると思います。色々と学んでいくうちに夢を叶えたいという気持ちがさらに大きくなると思いますので、好きな気持ちを忘れずに進んでくださいね。「この夢を絶対に叶える!」という強い心とやる気があれば大丈夫です!

LINE